留学情報

海外留学に向いている人と向いていない人の違いとは?

海外留学をしてみると人種問わず、幅広い人と出会う機会が増えます。その中で数多くの出会いがある反面、同じくらい別れを惜しむことも多いです。そこで海外留学に向いている人、向いてない人がいるのは事実であり、結果論でもあります。今回は、海外留学を経験してみて感じた留学に向いている人と向いていない人の違いを紹介していきます。海外留学をおすすめしたい向いている人も合わせて紹介しているので、留学に興味のある人の参考なれば嬉しいです。

海外留学に向いている人の特徴とは?

海外留学の目的がハッキリとしている

海外留学で成功している人は、ほとんどが海外留学中または、留学後の自分の目的がハッキリしています。海外留学で目的として多いのは、やはり語学留学です。

最初の目的は語学留学でいいと思いますが留学に向いている人の話を聞くと、語学を学んだ後に自分のやりたいこと、ビジョンを強く持っていることが多いです。または、語学を勉強するまた別の目的があるのです。

もし本当に語学だけが目的であれば日本でも十分に習得可能で、お金と時間を費やすメリットを見出す必要も出てきます。

海外留学の王道の進路は、語学学校からコミュニティカレッジ(2年制大学)、大学に進学する人が多いです。よりネイティブな英語習得を目指すのであれば、語学学校で終わるのではなく、現地の大学に進学するのがおすすめです。

海外留学をする場合は、時間(ビザの期限)、お金に限りがあるので事前に調べ、現段階での自分の中での目的をハッキリと決めると結果的に留学に向いている人になれます。

日本との違いを肯定的に捉えられる

海外に出るとこれは日本の常識、日本の考え方だったんだなんてことは多々あります。私の住んでいるアメリカでも日本ではありえないことが起こるのは日常茶飯事なので、ちょっとのことでは動じなくなりました。

海外留学に向いている人は、環境に適応できる人だと思います。環境に適応できるということは、自分の今までの価値観とは違うものを排除するのではなく、自分の価値観と照らし合わせた上で受け入れられるかということです。

相手を否定ばかりし、日本ではこうだったと考えるのではなくその国の教育、文化、習慣などを理解し、相手を尊重し肯定的に捉えることが重要です。もし納得出来ないことがあれば、価値観を押し付けるのではなく、論理的に相手に伝えて相手にも共感してもらうことも一つの手段だと思います。

 

いい意味で楽観主義

海外留学に向いている人は、リスクを恐れずに何とかなるという良い意味で楽観主義的な考え方をする人が多いです。

逆に言えば、常にリスクを恐れる人は海外留学を実現する前に心が折れてしまったり、海外にいる意味を見出せなくなり即帰国なんてことも起こりえます。

もちろん海外は日本とは違い、全て自己責任になるのでリスクを全く考えない人はいないですが、やってもいないことに怖気づくよりは、一度やってみてから考えても遅くはないと思います。

また日本にいるときはネガティブな思考でも海外留学をして変わることもでき、目的さえしっかりと自分の中で決めておけば、何とかなることもあります。

海外留学をすると先に海外進出している日本人のコミュニティなどもあるので、朱に交われば赤くなるではないですが、良い刺激や新しい方法をアドバイスしてくれる人に出会える可能性が高いです。

行動力があり、フットワークが軽い

そもそも海外留学を考えて、さらに実行できる人は行動力がありフットワークもある程度は軽い人だと思います。

海外に向いている人は本当に行動力があります。一見、時間の無駄と思われることもとりあえず行動してみて決めるのです。

アメリカだと人脈はかなり重要なので、何気ないパーティ、食事でももしかしたら普段会えない人と出会えて自分に有益な情報を手に入れられるかもしれません。特に海外では、良い意味で使えるものは全て使うという強い意思も大事です。

日本では相手のことも考えてしまいますが、海外ではそこまでお人好しな人は少ないので、相手のことを考えすぎずにガンガン自分を出してアピールすることに損なことはありません。もし相手が嫌な思いをしていればハッキリと言ってくれます、特に相手を困らせたからといって何も起こりません。

それよりも自分の意思できちんと行動している人の方が信頼されて、評価されることの方が多いです。

新しいことを学ぶことが好き

海外留学をすると、年齢や今までのキャリアを必ずしも生かせるとは限りません。人によっては新しいキャリアを一からスタートする良い機会にもなります。

ただし、新しいことを学ぶことが好き、興味がなければいつまで経っても自分の今までのキャリアにこだわり、新しいことを学ぶことは出来ません。

新しいことを学ぶのは初めは楽しくないかもしれませんが、新しいことを学ぶことを楽しいと思える人、自分の限界の頂点を決めていない人は海外でも活躍できる可能性があり、海外留学に向いている人になります。

一人でいる時間も苦にならない

海外留学で帰国が早まる人の中には、孤独に耐えられないということがあります。海外で生活すると、身近であった家族や友達は当然近くにはいません。頭では分かってはいたにせよ、心がついていかないこともあるようです。

海外留学をすると一人で過ごす時間も日本に居た時と比べると多くなります。一人でいる時間はある意味チャンスで、誰にも邪魔をされずに語学の勉強、自分磨きをすることが出来ます。

なので、一人は絶対に嫌だという人は、海外留学には向いていないかもしれません。

もし孤独が嫌なのであれば、現地で信頼できる人を見つければ良いですし、一人でいることは決して孤独ではなく、自由で煩わしくなく、ゆっくり考え事に没頭することも出来ます。

アメリカのカフェ、レストランでも一人の人も少なくはなく、一人でも自由に楽しく過ごしている人はたくさんいます。全ては考え方次第なのです。

自分の意思を持ち、人に左右されない

海外留学に向いている人は、自分の意思が強く、あまり人に影響されない人が多いです。

人の話、言う事を聞かないと言うことではなく、アドバイスは聞くけれども最終的には自分で決めて自分で行動するバイタリティが感じられます。

海外で出会う人の多くはポジティブな考え方をする人が多く、例え自分の意見が違かったとしても、相手を説得する力、経験、とりあえずやってみる人が多いです。

人に惑わされずに自分の力で何とかする・できる、人間力がある人は海外留学に向いている要素の一つです。もし、人に何やかんや言われたくらいで迷ったり、悩んでしまうのであれば、果たしてそれは本当に自分のやりたいことなのでしょうか。

海外留学をおすすめしたい向いている人

①日本の常識、文化に疑問を持っている

日本は好きだが、習慣、常識にとらわれるのはどうなの?と思う人には、海外留学をおすすめします。日本は島国であり、文化や国の特徴は世界の中でも、独特なところがある国です。

海外に住んでみると、今まで感じたことがなかった世界と日本の違い、日本という国の素晴らしさを改めて感じられたりします。不思議なことに海外に一回出たことがある人こそ、日本がより好きになった、日本のことを知ることができたなんて話も聞きます。

なので、日本に住んでいて不満があるのであれば、一度海外に出て世界を見て、外側から日本を見てみることも自己成長に繋がる一つの方法です。

②新しいことに挑戦したい

冒頭で海外留学に向いている人は、目的がハッキリしていると話しましたが、目的が海外留学することということであれば是非、海外留学することをおすすめします。

海外留学と一言で言っても、長期・短期など、方法は様々なので、それよりも単純に新しいこと、新しい場所で何かを見つけたいと切に考えている人は、迷わず海外に行ってみるべきだと思います。

③自分を変えたい

長い人生において自分を変えたいと思うタイミングがあった場合、一つの方法に海外に出てみる選択肢もあります。

海外留学だけではなく、旅行で行ってみるのもありです。日本の都市部は人口密度も高く、流れに乗らないといけない空気があるのも確かなので、その空気に合わず疲弊してしまった場合は、世界の現実を見てみるのもおすすめです。

④ビジネスに挑戦したい

何かビジネスにチャレンジしたいと考えている人は、海外留学もしくは海外で就職をして見つけてみるのもありだと思います。

例えば、アメリカであれば、日本食レストラン、物販系、インターネット系など、自分で行えるビジネスチャンスはたくさんあります。私の周りでもアメリカに居た時に英語、人脈、ビジネスのノウハウなどを学び、日本に帰国後にビジネススタートした人も結構います。

海外に出ると日本にいる時よりも、少なからず精神力が鍛えられて自分に自信が付きます。また考える時間を増やすことができるので、シンプルにビジネスに関して落ち着いて様々な視点からみることができます。

海外だと自分で何かをやりたいという思考の人が多いので、有益な情報をえられたり、未来のビジネスパートナーと出会える可能性もあります。アイディアの幅が広がるきっかけにもなります。

⑤自由を求めている人

周りの目や見た目などの変な規制がイヤで、自由を求めるのであれば海外留学に向いていると思います。

自由という概念は難しく、どの視点で持って自由を求めるかにもよります。(日本は十分自由な国です)

アメリカは自由というイメージがあると思いますが、その国それぞれ不自由なところはたくさんありますが、移民が多い海外では、見た目、空気を読むなどはなく、その辺はかなり自由です。

海外ではある意味、歯止めをかけてくれる人はいないので、自分のやりたいことをトコトン実行することが出来ます。その分、全ては自己責任になり、失敗するのも自由です。

誰にも邪魔をされず、トコトン楽しむのであれば海外進出をしてみて、自分の目で見て経験することが重要です。

まとめ

今回は海外留学に向いている人の特徴、違いを紹介しましたがいかがだったでしょうか?

向いている、向いていないの判断は、正直結果論だと思います。海外留学したいけれども行動出来ない人は、それまでだと思いますし(その時点で向いていない)、とりあえず行ってみようと思えるのであれば覚悟を決めて行動すべきです。行動した結果向いていないということであれば、日本に帰国すれば良いだけなので何の問題もないのです。

もし、日本以外の国で何かを学びたいのであれば、とりあえず何とかなるの精神で実行することをおすすめします。海外に出てみると、意外と心が軽くなり自分に自信が付き、モチベーションが高い人からいい刺激を得られるチャンスが増えるので、日本で生活する上でも海外での経験は十分に活かすことが出来ます。

 

スポンサーリンク

-留学情報

© 2021 アメリカの車窓から