スタバ

【2021年3月】アメリカのスタバの新メニュー、シェイクエスプレッソの紹介

今回は、2021年3月にアメリカのスタバで発売された新メニュー、2種類を紹介していきます。動物系のミルクは使用せずに、植物系のミルクを使用しているのが特徴で、口当たりも軽く飲みやすいのでおすすめです。アメリカのスタバの新メニューでは、オートミルクとアーモンドミルクをメインとしていて、それぞれブラウンシュガー・チョコレートとエスプレッソの相性が抜群です。普通のラテに飽きてしまったら、ノンデイリーなシェイクエスプレッソも試してみてはいかがでしょうか?

 

植物系ミルクを使用した、アメリカのスタバの新メニュー

2021年3月にアメリカのスタバのメニューに新登場した、ブラウンシュガーオートミルクシェイクエスプレッソ・チョコレートアーモンドミルクシェイクエスプレッソの2種類をメインに紹介していきます。

アメリカのスタバではカスタマイズ出来る種類が多く、ホールミルク、ソイミルク、アーモンドミルクなどの植物系ミルクへの変更も可能です。今回アメリカのスタバの新メニューでは、植物系ミルクの中でも人気がある、オートミルク・アーモンドミルクを使用しているので、動物系ミルクが気になる人やオートミルク好きの人には、おすすめのメニューとなっています。

スタバの新メニュー①ブラウンシュガーオートミルクシェイクエスプレッソ(アメリカ限定)

スタバの新メニューのアイスブラウンシュガーオートミルクシェイクエスプレッソは、スターバックスのオリジナルエスプレッソにブラウンシュガーとシナモンパウダーを振ってから、オートミルクとアイスを入れて、軽く混ぜ合わせてあるエスプレッソがメインのドリンクです。

オートミルクを使用しているので、普通のラテとは違いミルクの重さがなく、エスプレッソとオートミルク特有の甘みとの相性も抜群に良いです。甘さを抑えたいという場合は、振りかけられているブランシュガーの量を少なめでオーダーをすると、ブラウンシュガーの甘さが抑えられて、エスプレッソ本来の美味しさも味わうことが出来ます。

アメリカでもオートミルクは注目されていて、アメリカのスタバでも使っている"Oatly"のオートミルクは、売り切れになってしまうほど人気があります。日本では馴染みがうすい植物系ミルクですが、アメリカでは普通のミルク以上に種類があったりするので、自分の好みのものを見つけてみるのもおすすめです。

関連
アメリカの動物系&植物系ミルクの種類とおすすめのブランドを紹介

アメリカのミルクの種類は、動物系のものから植物性のミルクまで数多くあり、どれを買おうか迷ってしまいます。そこで今回は、ア ...

続きを見る

スタバの新メニュー②チョコレートアーモンドミルクシェイクエスプレッソ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Starbucks Coffee ☕(@starbucks)がシェアした投稿

スタバの新メニューのチョコレートアーモンドミルクシェイクエスプレッソは、スターバックスのオリジナルエスプレッソに、アーモンドミルクを合わせて、チョコレートと麦芽が入ったパウダーが振りかけてあるエスプレッソメインのドリンクです。

アーモンドミルクは植物系ミルクの中でも定番で、エスプレッソとの相性も良く、チョコレートとアーモンドの香り・風味がエスプレッソの苦味を打ち消してくれて、エスプレッソが苦手な人にもおすすめのメニューです。

チョコレートはシロップではなく、ココアパウダーでチョコレートの味を出していて、チョコレートよりも甘さ控えめなので、チョコレートのイメージとは少し違う感じがします。重そうに見えるスタバの新メニューですが、植物系ミルクなこともあり見た目よりは口当たりが軽く、そこまで甘過ぎないので、エスプレッソとラテの間の感覚で飲むことが出来ます。

アメリカのスタバのコールドブリュー新メニュー

 

この投稿をInstagramで見る

 

Starbucks Coffee ☕(@starbucks)がシェアした投稿

アメリカのスタバでは、アイスのドリンクの中でもコールドブリューは定番のメニューとなっていて、今までも数多くの新メニューが登場しています。

今回は、バニラスウィートクリームコールドブリューソルトキャラメルクリームコールドブリューを紹介していきます。

バニラスウィートクリームコールドブリューは、スターバックスオリジナルのコールドブリューにバニラシロップを2ポンプ加えて、自家製のバニラクリームをトッピングしてあります。コールドブリューとバニラの相性は良く、シンプルなコールドブリューに何かトッピングを加えて甘さを出したい時におすすめの新メニューです。

ソルトキャラメルクリームコールドブリューは、コールドブリューに塩キャラメル味のミルクフォームをトッピングした、やや甘めのドリンクになります。アメリカのスタバでは、キャラメルを使ったメニューは人気で、特にミルクフォームがトッピングしてあると、コーヒーの本来の美味しさと甘くミルキーな味も楽しめます。

まとめ

今回は、アメリカのスタバで新メニューとして登場したブラウンシュガーオートミルクシェイクエスプレッソ、チョコレートアーモンドミルクシェイクエスプレッソを紹介しましたがいかがだったでしょうか?

3月に発売しているメニューなので、爽やかで口当たりが軽く、スプリング(春)のイメージにぴったり合うような新メニューだと思います。アメリカでは、植物系ミルク(ノーデイリーミルク)の需要が高まっていて、普通のホールミルクよりもソイミルク、アーモンドミルク、オートミルクなどへカスタマイズすることは普通となっています。

そんな流れを加味してか、今回のスタバの新メニューは人気のオートミルクとアーモンドミルクをメインとしています。他のカフェではなかなか見ない組み合わせで、普通のラテでは飽きた人にも是非、試して欲しいアメリカのスタバの新メニューです。

 

スポンサーリンク

-スタバ

© 2021 アメリカの車窓から