留学情報

【海外留学】人生で一度はロサンゼルスに住みたいと思う10の理由

人生において一度は海外留学・海外移住に憧れてアメリカロサンゼルスに住みたいと思っている人もいるのではないでしょうか?私もその中の一人でしたが、ロサンゼルスに住んでみるとかなり住みやすく実際に住みたいと思う理由を紹介していきます。ロサンゼルスはアメリカ国内でも日本人の移民者が多く、総合的に海外で住みやすい場所の上位でもあります。ロサンゼルスに留学をしたい人、住みたい人の参考になれば嬉しいです。

ロサンゼルスについて

アメリカロサンゼルスはカリフォルニア州の都市で、ニューヨークの次に人口が多い都市です。留学先としても人気の都市で、世界的に有名な大学、観光地も数多くあります。実際に来てみると日本人留学生は多く、日本人の有名人も意外と多く住んでいたり遊びに来ていたりします。

日本人が移民をしている都市の中ではロサンゼルスは上位であり、約7〜8万人はロサンゼルスに日本人がいると推定されています。

ロサンゼルス住みたい理由①気候が良い

ロサンゼルスに住みたい理由の上位は、やはり気候、つまり天気がいいところです。

年中通して晴れの日が多く、日照時間も長く、一年の平均気温は20℃と過ごしやすくちょうど良い気候です。

ロサンゼルスの夏も暑いですが、日本の夏のように湿度が高いわけではないので、ジメジメ感がほとんどなくかなり過ごしやすいです。

雨の日はほとんどなく、基本的には12月が雨季と言われていますが、日本の梅雨と比べると雨の量が少なく、大抵は夜中に降り始めて朝には止んだりと長くは降り続かないのが特徴です。

寒すぎる冬、ジメジメとした夏の気候が苦手な人にはロサンゼルスはおすすめです。個人的には、日本の冬が苦手だったので、住みたい理由の一位の住みたい理由になります。

ロサンゼルス住みたい理由②家が広い

ロサンゼルスに来てまず驚いたことは、一つ一つのお店の間隔が遠く、お店や家も大きく日本の土地の使い方と明らかに違うことです。アメリカの中でも人口の多い都市でも、余っている土地はありそうなので改めてアメリカという国の面積の広さを感じます。

ロサンゼルスの家は平家が多く、日本の一般的な家と比較するとかなり大きく、庭やプールが付いていることはステータスになっています。

アパートの部屋も広く、ロサンゼルスのスタジオ(日本のワンルーム)はオシャレな物件が多いです。ただしもし2人以上で住むのであれば、1ベッドの方がお得なことが多いのでおすすめです。

 

ロサンゼルス住みたい理由③自然が豊か

ロサンゼルスには、広大な土地を活かした自然豊かな公園が多くあります。家の近くに自然を感じられる場所があるとリフレッシュにもなり、またハイキングコースなどを利用すれば運動不足も解消され癒されます。

グリフィスパーク、グランドパーク、トングバパークなど、観光名所になっている公園やピクニックコースがあったりと地元民の自然の中での憩いの場所となっています。公園によっては、ヨガの教室などのイベントがあったりもします。

ロサンゼルスで最も有名なグリフィスパークは、ダウンタウンからも近く山の中の道を行くと、公園内に、ゴルフ場、キャンプ場などもあり、乗馬体験も出来たりします。世界的にも有名な展望台があるので、ロサンゼルスの自然を楽しみたい人におすすめです。

 

ロサンゼルス住みたい理由④多国籍文化を楽しめる


ロサンゼルスでは幅広い多国籍料理が楽しめます。コリアタウン、チャイナタウンなどもあり、韓国料理、中華料理の本場の味が楽しめます。エリアにもよりますが、アジアンフードだけではなくイタリアン、フレンチなど西欧料理もクオリティーが高く美味しいお店が多いです。

ロサンゼルスのコリアタウンは、アメリカ国内でも最大級でニューヨークのものよりも広いと言われています。韓国で有名なお店や韓国の有名人のお店もちょこちょこ存在し、韓国料理は現地と同じくらい美味しいです。

食文化だけではなく、多国籍の人と接したり、知り合う機会が多くなるので日本にいたときには感じなかった違いなどを感じたり、気付いたりできるので楽しくプラスになります。

ロサンゼルス住みたい理由⑤英語が話せるようになる

英語に関しては、英語の環境にどれだけ触れていたかや個人の差はあるものの、住んでいれば最低限日常会話は話せるようになります。

中学・高校で英語が苦手な人であっても留学には問題ないと思います。住んでいるうちに自然に勉強したいと思えますし、話せるようにもなってきます。

また、英語だけではなく、スペイン語・韓国語など他の言語も同時に学べるチャンスもあるので、ロサンゼルスに住みたい理由の一つです。

ロサンゼルス住みたい理由⑥日本食が充実している

ロサンゼルスではかなり人気の日本料理ですが、ジャパニーズタウンであるリトル東京には数多くの日本食があります。お寿司とラーメンは特に人気で日本から出店している有名店、日本人オーナーが食材、味にこだわっているお店が多いので、どこのお店もレベルが高く美味しいです。

長く生活するのであれば、食べ物はかなり重要で口に合わない食文化だと心が折れてしまいます。その点は全く問題なく、日系のスーパーも数店舗あり商品の種類も充実しているので、安心して生活出来ます。

ロサンゼルス住みたい理由⑦ビジネスチャンスがある

ロサンゼルスで生活していると、日本では知り合えなかったような人と出会える機会が多いです。その出会いをビジネスチャンスにもでき、飲食店、日系企業などの進出も考えられます。

起業をしたいと考えている人も多く、ロサンゼルスでビジネス、英語を学び日本で起業する人も多いようです。アメリカならではのブランド、物品もあるので、新たなビジネスに挑戦してみるのもレベルアップにつながります。

日本では競争力が激しすぎて参入できない業界でも、ロサンゼルスであればビジネスチャンスはあるかもしれません。ビジネスのためにロサンゼルスに住みたい人にもおすすめです。

ロサンゼルス住みたい理由⑧人目を気にしなくて良い

人目を気にしなくて良いというのは、ロサンゼルスに限らず海外に住みたい理由の一つでも多い意見です。ロサンゼルスでは、服装はシンプルな人が多く、女性の人もスッピンの人も多いです。自然体を好み、自分らしく生活している人が多いロサンゼルスではあまり人目を気にせず、楽に生活することができます。

外見だけではなく、行動についても自由で自己主張をハッキリ言える環境が整っています。日本にいると息苦しかったり、人目が気になり過ぎる人は一旦日本を離れて海外に住むこともいいと思います。

ロサンゼルス住みたい理由⑨生活しやすい

総合的にみるとロサンゼルスに住みたい理由は生活しやすいからですが、その中には車社会があります。車の渋滞は困りますが、働き方も自由なので車に乗る距離・時間を変えれば問題はないです。日本の満員電車と比較すると、車の方がまだ楽で生活はかなり快適です。

車がなくてもテクノロジーが発達しているので、ウーバー、リフトを使えば安く目的地まで行くことが出来ます。

ロサンゼルスの生活のしやすさに慣れてしまうと、日本に帰国したときについていけなくなるかもしれません。

ロサンゼルス住みたい理由⑩子供の将来を考える


ロサンゼルスに長年住んでいると、子供の将来を考えてしまいます。小さい頃から英語圏に住んでいれば日本語、英語の両方は話せるようになるので、バイリンガルになります。子供の教育のことを考えると、ロサンゼルスに住みたい理由にもなります。

まとめ

今回は、一度はロサンゼルスに住みたいと思う10の理由を紹介しましたが、いかがだったでしょうか?ロサンゼルスに住みたい理由は、ズバリ天気がいいこと、気温がちょうどいいことが一番だと思います。生活するにあたっては、日本食スーパーも近くにあり日本の食材が揃えられるので問題なく日本人の口にも合います。ロサンゼルスはアメリカでも住みやすい都市で、日本文化も人気で親しみやすく生活しやすいのでおすすめです。

 

スポンサーリンク

-留学情報

© 2021 アメリカの車窓から