留学情報

今からでも遅くない!?アメリカでできる仕事とは?

こんにちは、Marinです。

アメリカに住んで、仕事をするというのは、ハードルが高いイメージかもしれません。しかし、アメリカでも現実を見つめ、自分に合った仕事を選ぶことができます。今回は、すでに社会に出て、遅いと思いながらも、アメリカで仕事をしたいと考えている人に向けて、アメリカでできる仕事の職種について紹介していきます。アメリカで仕事をしてみたいと、漠然と考えている人の参考になれば、幸いです。

まずは、アメリカで仕事をするためのビザ取得

アメリカで仕事をするためには、ビザが必要です。アメリカでは、ワーキングホリデー制度はないので、学生ビザであれば、基本的には働くことはできません。アメリカで働くためには、Jビザ、Hビザなどワーキングビザを取得する必要があります。

留学生であれば、アメリカの大学卒業時には、期間限定で働けるOPT制度があります。その期間中は、いわゆる試用期間のようなものです。その後はビザのサポートをされなければ、働けないということです。

ワーキングビザ以外で、仕事をするのであれば、投資家ビザがあります。ビザにより、投資額や条件が異なるので、それぞれのビザに関しては、専門家に相談することをおすすめします。

アメリカにある日系企業で仕事をする。

日系企業を選ぶ理由としては、英語をそこまで重視しないからです。重視をしてない訳ではないですが、明らかにアメリカ系企業よりは、ハードルが低いです。社員の半数以上が日本人の会社もあるので、そこまで英語に関して、心配する必要はないです。

アメリカでは、仕事上でのパフォーマンスが重要なので、最初は今までの自分の経験が使える業種を、選ぶことをおすすめします。仕事上で使う英語は、使う時になれば、意外と覚えられたりします。

アメリカにある日系企業で仕事をするためには、主に、現地就職日本で就職する駐在員になるの3パターンあります。日本で就職先を決める場合は、エージェントを利用すると時間の削減が期待できます。

OPTを利用するのであれば、日系企業も視野に入れた方が、アメリカで仕事ができる確率が高いです。アメリカ企業の場合、当たり前ですが日本語が話せることは、優位にはならず、大学で専攻していた学部関係でなければ内定を取るのは難しいです。

フリーランス

・物販

・ライター、ブログ、Web制作など

・日本語を教える

など

物販の場合は、アメリカで手に入れられるものを日本に送る、個人輸出で生計を立てている人もいます。アメリカに住みたいと考えている人は、日本でフリーランスとして働き、そのままアメリカでもできる仕事として、繋げた方がラクだと思います。

というのも、アメリカで一から、何かのフリーランスを始めようとすると、まずは言葉の壁が先にきてしまいます。

例えば、プログラミングを学ぼうとしてもアメリカのスクールは、日本と比べて値段も高く、専門用語を含めて英語を理解しなければいけないので、時間がかかってしまいます。プログラミング言語は世界共通なので、初心者であれば、英語に相当自信がない限り、日本語で学んだ方が効率が良いです。

日本で学べるものがあるのであれば、学んでおき、ある程度具体的にフォームを作っておくことをおすすめします。

日系レストランで仕事をする。

アメリカに進出している日本の飲食店の管理職は、社員の場合が多いです。(現地採用あり)寿司シェフは人気があり、日本で修業をしてからアメリカに来る、アメリカのお寿司屋で働きながら修業もできます。アメリカでは、日本食は人気なので、寿司シェフの募集はまだまだありそうです。

シェフの他にもキッチン、サーバーがあります。日本の飲食店と比べると、チップが配当される分、アメリカの飲食店は割と給与がいいです。パートタイムであれば、自分のスケジュールに合わせてシフトが組めるので働きやすい環境でもあります。

ヨガインストラクターになる。

アメリカでは、数年前からヨガが人気です。ロサンゼルスには、ヨガ教室が多くあり、初回(初月)は、リーズナブルな値段でクラスが受けられるのも、魅力です。また、ロサンゼルスには、有名なヨガインストラクターも多くいて、実力のある人に教えてもらいたいと人気があります。

ヨガを習っているうちに、インスラクターになっていたという人も多くいるので、まずは、ヨガを始めてみるのもいいかもしれません。

ヨガインストラクターになるためには、インストラクターになるための専用のクラスを受講していくのが、一番早いと思います。

ベビーシッター、ネイリストなど

アメリカでは、両親が子供から目を離さなければいけない場合は、必ずベビーシッターにお願いします。なのでベビーシッターの経験がある人、アメリカでベビーシッター認定資格を持っていれば、仕事はできます。ベビーシッター以外にもドッグシッターも需要があります。

ネイリスト、ビューティーセラピストなどの資格は、個人差はありますが、アメリカでもわりと低価格で資格取得ができるでおすすめです。特に日本でネイリストの経験があれば、アメリカで資格がなくとも、日系のサロンなどで仕事ができます。(サロンとの交渉次第です)

美容師の場合は、日本の資格を持っていても、アメリカの資格を取り直す必要があります。ただし、日本の資格を持っている人は、アメリカの美容学校で学ぶ時間を短縮することができます。

まとめ

アメリカで働いてみたいと考えている人は、自分がアメリカで働いているイメージはどのようなものでしょうか?もし、バリバリ、英語を使って、アメリカ企業で働きたいのであれば、まずはアメリカの大学or大学院(ハイレベル)に行くことをおすすめします。

もし、アメリカに憧れをもち、アメリカに居ることを目標にして、仕事をしたいというのであれば、まずは自分の経験から考え、仕事を選ぶ必要があります。アメリカで仕事をするメリットは、英語力の向上、日本にいた時は思いつかなかった、今までとは違う挑戦ができることです。

アメリカでは新卒という概念はないので、年齢・性別は関係なく、今からでも新しい何かにチャレンジできるチャンスはいくらでもあります。

スポンサーリンク

-留学情報

© 2021 アメリカの車窓から