旅行・観光

ロサンゼルスでの新年は、初詣からスタート

ロサンゼルスで新年を迎え、毎年恒例の初詣に行って来ました。やはり新年は初詣に行かないとって気分になりますよね。そこで今回は、ロサンゼルスにある高野山米国別院の初詣について紹介していきます。ロサンゼルスでも初詣ができ、お守り、絵馬なども購入出来るのでおすすめです。近くには、日系レストラン、スーパー、本屋などもあるので、日本のものが買えるのも嬉しいです。

ロサンゼルスにある高野山米国別院について

高野山米国別院(寺院)とは、ロサンゼルスのダウンタウン、リトル東京にある日本の仏教寺院です。1912年に建てられ、北米地域にある寺院の中でも一番歴史のあるお寺です。

建物の奥には、日本風の庭園が広がっていていつ行っても綺麗に整えられている庭園です。普段でも見ることが出来るので、リトル東京に来た際には散歩してみるのも心が和みそうです。

筆者の場合、年に一回の初詣に高野山米国別院に行くので、毎回列が出来るくらい人で賑わっています。

 

・地図&アドレス

 

上記のお寺とは別に高野山米国別院から徒歩10分圏内に西本願寺というお寺があり、こちらのお寺ではお盆の時にお祭りをしていたりします。

初詣やお祭りに行くと日本語がいつもよりも多く聞こえ、嬉しい気持ちになります。

初詣では縁起物が大人気

絵馬も数種類あり、午後3時頃に行ったのですがすでに品切れのものもありました。

干支絵馬は日本でもよく見ていましたが、右側の神様の絵馬は見たことがなかったのでしかも説明付きですごく分かりやすかったです。

 

破魔矢も購入出来ます。お値段は、$10、$20、$30の3種類あり、破魔矢は悪いものから身や家などを守ってくれる縁起の良いものです。

買おうか迷ったのが結局買わなかった、金運の破魔矢

普通の破魔矢より短く、はねの部分が金色になっています。玄関先や神棚に飾って置くと商売繁盛になるそうなので、商売をされている人にはおすすめです。

おみくじは、一回$2で引けます。

おみくじの他にもお守りも10種類ほどあり、外国人の人にも文化が知ってもらえていいなと思います。

初詣の後は、リトル東京をぶらり

リトル東京は、ロサンゼルスにあるジャパニーズタウンの一つで(もう一つはソーテルにあるリトル大阪)ダウンタウンの一角にあります。

ヴィレッジの中には、お好み焼き屋、たこ焼き屋、ラーメン屋、お寿司屋の他にもパンでお馴染みのヤマザキの店舗もあります。

アメリカのパンはあまり美味しくないので、リトル東京に来たら必ずヤマザキに寄って、パンやケーキを買って帰ります。パンだけではなく、ケーキも美味しいのでおすすめです。

冬のシーズンだと肉まん、あんまん、タコまんが買えるので人気があります。日本のコンビニだと冬になればどこのコンビニでも肉まんを売っていますが、ロサンゼルスではホットケースに売られているのはヤマザキくらいなので、ヤマザキに来ると毎回テンションが上がります。

 

ヴィレッジ内の飲食店が混んでいたら、徒歩5分圏内に博多とんこつラーメンの美味しいお店があるので、そちらもおすすめです。

 

 

リトル東京には飲食店以外にも、サンリオ、日本製品が売られている雑貨屋、化粧品店、靴屋など、生活用品からファッションまで幅広いカテゴリーのお店が点在しています。

まとめ

ロサンゼルスで新年に初詣に行くのであれば、リトル東京にある高野山米国別院に行くのがおすすめです。お寺では、参拝・お守り、絵馬、破魔矢など縁起物が購入出来ます。お寺の入り口〜内部まで紅白の垂れ幕がはられていて、日本の文化、お正月気分を味わえます。

 

スポンサーリンク

-旅行・観光

© 2021 アメリカの車窓から