グルメ情報

懐かしのてつおじさんのチーズケーキがアメリカで大人気!?

アメリカで出会った、”Uncle Tetsu”(てつおじさん)のチーズケーキ。アメリカで、メインで売られているニューヨークチーズケーキよりも、スフレのように軽く、甘さ控えめな味が特徴です。アメリカでは、シュガーのかたまりのような、激甘なケーキが多いので、ここまで甘さ控えめなチーズケーキは珍しく、人気があります。店舗によっては、週末は行列ができるほど。他にはない、ふわふわした生地でしつこくなく、まさに、素材の味を生かしたチーズケーキで美味しいです。今回は、日本で昔、ブームを起こした、てつおじさんのチーズケーキがアメリカで大人気なので、紹介します。

博多発てつおじさんの店とは?

英語では、Uncle Tetsuで知られている、てつおじさんの店。英語だけ見ると、てつおじさんが店名っぽいですが、HP(日本版)を確認すると、てつおじさんの店が正式名称のようです。

お店の1号店は、今から20年以上前に福岡県博多市で創設されています。

1990年代に、てつおじさんのチーズケーキがブームになり、当時は、博多以外にも日本各地にお店があったようです。

海外への進出、グローバル志向が強い

てつおじさんは、日本では数店舗ですが、海外店舗は増えています。現在では、世界15ヵ国に進出しています。アメリカの他には、オーストラリア、カナダ、インドネシア、ニュージーランド、台湾などにあり、今後は、スペイン、イギリスにも出店予定です。

アメリカでは、ハワイ、カリフォルニア州にあり、ニューヨークにも出店予定のようです。各国の店舗情報は、HP(英語版)で確認できます。

食材へのこだわりが強い

てつおじさんのチーズケーキの人気の秘密は、飽きのこない優しい味で、他にもありそうでない、スフレのようなふわふわした食感が楽しめるチーズケーキだからです。

チーズケーキに使っているチーズは、世界から厳選されたものを使っています。

卵は、地鷄の卵のみを使用しています。(アメリカのてつおじさんは不明)

てつおじさんのオリジナルチーズケーキ

てつおじさんのメニューは、

・オリジナルチーズケーキ(定番人気

・コーヒーチーズケーキ

・チョコレートチーズケーキ

・ストロベリーチーズケーキ

・抹茶、オレオチーズケーキなど(店舗、期間限定

チーズケーキ以外にもクッキー、マドレーヌ、ビスコッティなど焼き菓子もあり、お菓子と一緒にミルクティーやコーヒーなどのドリンクも楽しめます。

チーズケーキには、てつおじさんの焼き印が押されています。

カット販売はされておらず、ホールのみの販売で、それぞれ$9.80とリーズナブルな値段です。

オリジナルチーズケーキの食感は不思議で、一口食べるとふわふわ、ボソボソする感じなのに、口の中でいつの間にか、ボソボソ感がなくなります。クリーミィなチーズケーキよりは、スフレに近いかもしれません。

甘さを控えめにしているだけあり、甘さはほとんど感じられなく、素材の味を引き出し、まさに飽きのこない素朴な味で美味しいです。

今回は、ストロベリーも購入しました。

ストロベリーチーズケーキの方が、オリジナルよりもクリーミィな食感です。オリジナル同様、甘さは控えめでいて、ストロベリーの味はしっかりしています。こちらもおすすめです。

アメリカでは、激甘なケーキが多く、ここまで甘さ控えめで美味しいチーズケーキはあまりないので、リピートしています。

てつおじさんの店舗情報(カリフォルニア)

・アルカディア店

・サンマテオ店(ヒルズデールショッピングモール内)

・トーランス店 (デルアモショッピングモール内)

*日本で購入したい場合

日本にある数店舗に足を運び購入するか、ネット注文のみになっています。

 

てつおじさんのチーズケーキ店はこちらから

日本でも評価されている美味しいチーズケーキを、アメリカでも食べられるのは嬉しいですよね。日本のチーズケーキを食べたくなったら、てつおじさんのチーズケーキを試してみてはいかがでしょうか?

 

スポンサーリンク

-グルメ情報

© 2021 アメリカの車窓から