グルメ情報

アメリカのタピオカは、バリエーション豊か!?見た目も可愛いおすすめのお店12選

アメリカでは、もはや定番になっているタピオカドリンク。アメリカのタピオカドリンクは、王道のミルクティーも人気がありますが、お店によって見た目が可愛いものが多く、デザート感覚でも美味しく楽しめます。今回は、アメリカで数あるタピオカドリンクの中でも、定番のお店から、インスタ映え間違えなしのおすすめのタピオカドリンクショップを紹介します。日本に進出していないお店もあるので、ぜひチェックしてみては、いかがでしょうか?

アメリカでタピオカは、ボバ(Boba)

日本では、タピオカと呼ばれていますが、実は、タピオカという言葉は、日本でのみ使われていて、アメリカでは、ボバ(boba)パール(pearl)と呼ばれています。韓国、ヨーロッパでは、バブル(bubble)と呼ばることが多く、アメリカでもたまに、タピオカのことをバブルと書いているお店もあります。

 

タピオカは、キャッサバという植物の根茎からとれるデンプンを原料としていて、キャッサバのデンプンの製造方法を、ブラジルの先住民のトゥピ語の”tipi'óka”と呼ばれていたことから由来しています。

 

タピオカと言えば、黒い大きなプニプニツルツルとした丸いのをイメージしますが、本来のタピオカは、半透明か透明で、よく見る黒いタピオカは、カラメル、砂糖など、すでに加工してあるものがほとんどです。

アメリカで定番のタピオカショップ①〜⑥

① It's boba time

ボバタイムは、アメリカロサンゼルスで、店舗数が一番多いタピオカドリンクのお店です。フランチャイズのチェーン店で、ロサンゼルスの店舗の中には、1日1000人以上お客さんが来るほど、人気のお店でもあります。

ボバタイムの魅力は、ドリンク・フードを含めた140種類以上のメニューがあることです。ドリンクメニューでは、タピオカのトッピングも出来、タピオカの次に人気のチーズフォームをトッピングしたドリンクも注目されています。

タピオカドリンクの他にも、スムージー、リアルフルーツを使ったフレッシュなジュース、アサイボール、ポテト・チキンなどの軽食もメニューにあります。

ボバタイムは店舗数も多く、どこの店舗もキレイで、新しいドリンクメニューが出るのが早く、毎回違うドリンクを楽しむことが出来ます。

ボバタイムでは、定番のミルクティーの他にもストロベリー抹茶ミルクティー、タロミルクティー、タイミルクティーなど、見た目も可愛く、美味しいミルクティーシリーズは、おすすめです。

 

②Boba Guys

 

この投稿をInstagramで見る

 

Boba Bitchess(@bobabitchess)がシェアした投稿 -

ボバガイズは、アメリカのロサンゼルス・サンフランシスコ・ ニューヨークに店舗あり、現在(2019年)は、それぞれ3店舗・9店舗・3店舗あります。

ボバガイズのメニューは、3パターンあり、Build your drink・Specialty・Seasonalから選べます。

人気なのは、自分の好みのドリンクが作れるBuild your drinkです。

まずは、ベースとなるティーを選び、アイスorホット・カップのサイズを選んだら、次にミルクの種類も選べます。ボバガイズの創設者は、愛する美味しいミルクティーを共有したいとお店をオープンしていて、ティー・ミルクには、特にこだわりを持っています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Foodie(@cha_tea21)がシェアした投稿 -

組み合わせるベースによって色合いが変わり、自分だけのオリジナルドリンクが楽しめます。お店は白を基調としていて、アリクイがボバを飲んでいるトレンドマークも可愛いです。

ボバガイズで使われているタピオカの製造方法は、タピオカの職人技の”サードウェーブロースト”として、新しい手法で、タピオカ業界の間では評価されています。

 

③Gong Cha

 

この投稿をInstagramで見る

 

Becky(@brown_banana)がシェアした投稿 -

ゴンチャ(貢茶)は、2006年に台湾で創立されたティーを中心に扱うお店です。ゴンチャは、貢ぐお茶と書く通り、”皇帝にお茶を捧げる”をコンセプトにしていて、最高の品質のお茶の葉を使い、品質管理も徹底して行われているお店です。

現在では、香港・中国・マレーシア・タイ・アメリカ・カナダ・ニュージーランド・オーストラリアなど、15ヵ国以上の国に進出しています。
2015年には、日本にも進出していて、アジア圏内だけではなく、世界各国でも人気があります。

ゴンチャの魅力は、お茶にこだわっているので、しっかりとお茶の香りがして、タピオカとの相性もバッチリです。甘さ・氷の量がカスタマイズで調整できるのも嬉しいです。ゴンチャでは、4時間ごとに新しくお茶を作っていて、同時にタピオカも作り直しているので常に、程よい柔らかさのタピオカが味わえます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

@authenticityrichがシェアした投稿 -

ゴンチャではトッピングも豊富で、タピオカドリンクというよりは、デザート感覚で美味しく楽しめるメニューもあり、甘いもの好きには、おすすめです。

 

④Half & Half Tea House/Tea Express(伴伴堂)

 

この投稿をInstagramで見る

 

kat & chap food adventures(@chapandkat)がシェアした投稿 -

ハーフ&ハーフは、アメリカロサンゼルス発のタピオカドリンクのお店です。他のお店とは違い、ハニー味のタピオカを独自で開発し、”ホットハニータピオカとミルクドリンク”をスローガンにしているお店です。

ドリンクのカップの大きさ・形も他のお店とは違い、”ファッティカップ”、”スーパーカップ”と呼ばれていて、ハーフ&ハーフのオリジナルのカップとなっています。太めのカップで手にフィットし持ちやすく、容量も多く、シェアもできるので人気があります。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Aeri Shiomi(@seyeumi)がシェアした投稿 -

ハーフ&ハーフの中でも人気のドリンクが、アイスミルクシリーズのミルク(orミルクティー)withプリン、ハニータピオカの組み合わせで、口の中に広がる甘いプリンの味とゼリーのようなツルツルプルプルした食感が、やみつきになる一品です。

タピオカドリンクの他には、ヨーグルトドリンク、スラッシュ、スムージー、かき氷などがあり、ハニータピオカと合わせても美味しいです。

 

⑤Kung Fu Tea

 

この投稿をInstagramで見る

 

Henry | Boba Connoisseur(@sikfahnla)がシェアした投稿 -

カンフーティーは、アメリカニューヨーク発のタピオカドリンクのお店で、ロサンゼルスでは、特にコリアタウンに店舗があります。

カンフーティーのドリンクは、味が気になる組み合わせのメニューが多く、人気のタピオカミルクティーでは、ミルクグリーンティーとウーロンミルクティーのミックスで作られていて、見た目以上に美味しく、他のお店では味わえないドリンクが楽しめます。

また、基本的にはミルクは、アーモンドミルク、ココナッツミルク、ライスミルクなどの、植物ベースで作られている非乳製品を使用しているので、乳製品が苦手(アレルギー)な人でも、安心して飲めます。

 

⑥Coco Fresh Tea & Juice

 

この投稿をInstagramで見る

 

The Foodie(@thefoodie_la)がシェアした投稿 -

ココフレッシュは、台湾発のタピオカドリンクのお店で、アメリカロサンゼルスでは、コリアタウンやソーテルなどに店舗があり、食後のデザートとしても人気があります。

日本にもすでに進出していて、タピオカパッションフルーツティー、タピオカタロスラッシュなど、オリジナルドリンクには定評があります。

アメリカでおしゃれなタピオカ&ティー⑦〜⑪

⑦Bubble U

 

この投稿をInstagramで見る

 

shenny(@kiwifuzzeats)がシェアした投稿 -

バブルユーは、アメリカロサンゼルスにあるお店で、アメリカにあるタピオカドリンクのお店の中では、2016年オープンと割と新しいお店です。

バブルユーは、カップのデザインにもこだわりを持っていて、洗礼された見た目、美味しそうな雰囲気が漂い、特に女性に人気です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

a latte boba(@alatteboba)がシェアした投稿 -

ミルク系では、タピオカ抹茶ミルクティー、ティラミスアイスコーヒーが人気で、フルーツ系では、グレープフルーツスラッシュ、アボカドジュースなど、フレッシュなフルーツをふんだんに使ったジュースも好評です。

ドリンクの他にも、オーガニックのマカロンも美味しく、ドリンクとの相性もバッチリです。現在は、ロサンゼルスに1店舗だけの出店なので、他では出会えないので、ロサンゼルスに来たら、ぜひ寄って欲しいお店です。

 

⑧Pearl's Finest Teas

 

この投稿をInstagramで見る

 

Pearl's Finest Teas(@pearlsfinestteas)がシェアした投稿 -

パールズは、アメリカロサンゼルスにあるタピオカドリンクのお店で、店内は可愛いピンクの壁紙、カップにもオリジナルのロゴデザインが入っていて、人気があります。

パールズのメニューは、シンプルなものが多く、王道のミルクティー、グリーンティー、ウーロンミルクティーの他に、オレンジゆず、ティーマンゴーなど、一度は飲んでみたいと思わせるカラフルなドリンクも評判が高いです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

leslie(@bobaaalove)がシェアした投稿 -

パープルカラーのジャスミンミルクティー、メキシカン系のオラチャータミルクティーなどもあり、フルーツにスパイシーパウダーがかかったドリンクもあり、メキシカンなドリンクも楽しめます。(メキシカン系のお店では、フルーツにスパイシーパウダーがかかっていることが多い)

 

⑨Snow Monster

 

この投稿をInstagramで見る

 

rachie🌻💓(@rachhelyam)がシェアした投稿 -

スノーモンスターは、何と言っても迫力のあるオリジナルのカップ、トレードマークのくまのロゴで知られています。アメリカロサンゼルスに4店舗あり、スノーモンスターの限定路上店である、ミニモンスターもモールの中などに出店しています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Localish(@localish)がシェアした投稿 -

スノーモンスターでは、コットンキャンディー(わたあめ)が付いてくるレインボー・クラウド、モンスター・クラウド、花かんむりが付いてくるフラワークラウンが、有名で人気があります。

ただし、全体的にかなり甘いので、シュガーを控えめにしてもらうか、誰かとシェアすることをおすすめします。

 

⑩Little Fluffy Head Cafe

 

この投稿をInstagramで見る

 

Little Fluffy Head Cafe(@littlefluffyhead)がシェアした投稿 -

リトルフラッフィーは、アメリカロサンゼルスに1店舗だけあるタピオカドリンクのお店で、チーズティーを押しています。

チーズティーとは、アメリカでも流行っている、ティーの上にチーズファームを乗ってるティーのことです。通常のミルクティーとは違い、ティーとしても味わえ、混ぜるとミルクティーのような程よい甘さでチーズの味はそこまでしなく、新しいドリンクです。

 

⑪Alfred Tea Room

 

この投稿をInstagramで見る

 

ᴴᴵᴰᴱᴴᴬ(@__hideha7916__)がシェアした投稿 -

アルフレッドは、少し前に日本にも上陸し、話題になったお店です。お店はピンクを基調にしていて、タピオカドリンクも置いてますが、おしゃれなカフェとして人気があります。

アメリカでブラウンシュガー押しのタピオカショップ⑫

⑫Twinkle Brown Sugar

 

この投稿をInstagramで見る

 

TEA-FFANY(@tifftea_)がシェアした投稿 -

トゥインクルは、タピオカドリンク専門店の中でも珍しく、ブラウンシュガーを押しているお店です。アメリカロサンゼルスに数店舗あるお店で、ブラウンシュガーミルクティーがダントツで、人気のメニューになっています。

カップの大きさが他のお店よりも大きく、甘さ控えめで、ブラウンシュガーとミルクティーの相性が抜群の一品です。

 

スポンサーリンク

-グルメ情報

© 2021 アメリカの車窓から