ライフスタイル

キューリグのコーヒーメーカーの簡単な洗浄方法の紹介♪

キューリグのコーヒーメーカーは、洗浄方法も簡単でおすすめです。毎日使っていると知らない間に、タンクにスケールがたまり白くなってきます。白くなるのは水アカ、湯アカが原因で、コーヒーの風味を落とす要因にもなってしまいます。キューリグの洗浄液を使えば、3ヶ月に1回程度で良く、安全、衛生的で簡単なおすすめの洗浄方法を紹介します。美味しいコーヒーを毎日飲むためにも、キューリグのコーヒーメーカーの洗浄方法の参考にして下さい。

キューリグのコーヒーメーカーとは?

キューリグは、アメリカのドリンク機器メーカーで、コーヒー飲料で有名なグリーン・マウンテン、ドクターペッパーとの複合企業でもあります。

キューリグのコーヒーメーカーはアメリカでも人気で、自分のコーヒーを飲む環境や部屋によって、大きさ、カラーなど、バリエーションが豊かなのが魅力です。

新しいシリーズがすぐに出るのも良くて、シーズンに合わせてカラーが変わったりするのも、オシャレでカワイイです。昔のシリーズが欲しい場合は、ネットで探してみると好みの型が見つかるかもしれません。

 

もっとキューリグのことが知りたい方は、こちらの記事も参考にして下さい。

 

キューリグの洗浄方法①【公式】Descaling Solution

アメリカでは、キューリグから公式のDescaling Solutionの洗浄液が販売されているので、ターゲットなどのスーパーで手に入れることが出来ます。

キューリグのコーヒーメーカーの汚れの原因は、湯アカ、水アカで、ポットも使っていると白くなってくるアレです。アメリカの商品名は、英語でDescaling=湯アカ、Solution=解決なので、洗浄方法としてはわかりやすいです。

 

Descaling Solutionでの洗浄方法

まず、キューリグの洗浄液を使う前に、コーヒーメーカーの分解できる部品は分解して、洗剤で丁寧に洗います。

 

1.電源をオンにし、タンクに洗浄液ボトル1本400mlを入れます。

2.綺麗な水をタンクのMAX線まで入れて、洗浄液を中和させます。

3.電源をオンにして、水を温めていきます。

4.温め終わったら、マグカップにお湯をタンクが空になるまで、注ぎます。

(この時、Kカップを抜いておくのを忘れずにして下さい)

5.機械を休ませるために30分間、電源をオンにした状態で放置します。

6.タンクを綺麗に洗い流します。

7.綺麗な水をタンクに入れて、マグカップボタンを押してお湯を出していきます。

8.7を12回ほど繰り返したら、洗浄完了です♪

タンク2回分以上やれば、問題ないと思います。

キューリグの洗浄方法②スケールクリーナー

キューリグの洗浄方法の中でも、日本でメジャーな方法です。

オンラインでも購入できるキューリグ公式のスケールクリーナーLC800を使うことをおすすめします。

 

スケールクリーナーでの洗浄方法

 

1.電源をオンにし、タンクに洗浄液ボトル1本80mlを入れます。

2.綺麗な水をタンクに1L入れて、洗浄液を中和させます。

3.電源をオンにして、水を温めていきます。

4.温め終わったら、マグカップにお湯をタンクが空になるまで、注ぎます。

(この時、Kカップを抜いておくのを忘れずにして下さい)

5.機械を休ませるために1時間、電源をオンにした状態で放置します。

6.タンクを綺麗に洗い流します。

7.綺麗な水をタンクに入れて、マグカップボタンを押してお湯を出していきます。

8.7を15回ほど繰り返したら、洗浄完了です♪

 

キューリグの洗浄方法③お酢、クエン酸

キューリグ専用の洗浄方法の他にも食用酢、クエン酸を使う洗浄方法があります。

お酢、クエン酸には、湯アカ、水アカを落とす効能があるため、掃除用道具としても使われています。使い方は簡単で、ポットの洗浄方法と同じく、お酢を使うのであれば2〜3倍に薄めたものを使用します。

お酢、クエン酸を使用する場合の洗浄方法は、スケールクリーナーの洗浄方法とほぼ同じですが、匂いが取れればOKなので、タンクの洗浄時間が短縮出来ます。

まとめ

今回は、キューリグのコーヒーメーカーの簡単な洗浄方法を紹介しましたが、いかがだったでしょうか?

キューリグ公式の洗浄液でもアメリカと日本では違う商品があり、またキューリグ公式の洗浄方法以外でも、家にあるお酢やクエン酸でも代用が可能です。水アカ、湯アカは見た目も不衛生で、キューリグのコーヒーメーカー使う頻度にもよりますが、数ヶ月使っていると白いものが付着してきます。スケールが付く前に定期的な洗浄が、コーヒーの風味を保て、毎日美味しいコーヒーが飲めるのでおすすめです。

 

スポンサーリンク

-ライフスタイル

© 2021 アメリカの車窓から