ライフスタイル

ヴィーガンになる理由とは?ダイエットに効果的なのか!?

海外ではヴィーガンの人口が年々、増加傾向にあり、日本でもヴィーガンは珍しくなくなってきているのではないでしょうか?ヴィーガンは簡単に言うと、食に対して絶対菜食主義を指します。ヴィーガンになる理由は人それぞれですが、主に動物愛護の観点や健康志向がほとんどだと思います。今回は、ヴィーガンになる細かい理由の紹介、ダイエットに効果的なのかという点を紹介していきます。海外のヴィーガン事情を知りたい人は、是非、参考にしてみて下さい。

海外で増えているヴィーガンとは?

海外セレブや有名人にもよく聞かれるヴィーガンとは、簡単に言うと完全に野菜しか食べない主義のことを表します。ベジタリアンは菜食主義者のことで野菜の他にも卵、乳製品は制限しないのが一般的です。ヴィーガンはベジタリアンの派生であり、卵、乳製品も取らない完全菜食主義を表します。

ベジタリアンの歴史は、イギリスで創設されたイギリス・ベジタリアン教会が”Vegetarian”と名付けたことが始まりです。語源はVegetal(=植物性の、生長の)から来ていて、植物性のものを指します。

ヴィーガンの歴史は、1944年にイギリス・ビーガン教会が"Vegan"と名付けたのが始まりです。Veganは、Vegetarianのv、e、g、a、nを抜いて作った造語であり、動物から由来のものは一切、食べません。鶏から産まれる卵や牛から出るミルクなども対象となるので、最近ではヴィーガンフードは健康食として、注目されています。

また、ヴィーガンになった理由によっては、動物の毛皮でないものや動物実験をしていない化粧品など身に付けるものにもこだわり、ヴィーガン用のコスメを使ったりもします。より自然体で健康、かつ動物の命を守る思想が強いのがヴィーガンとも言えます。

 

ベジタリアン・ヴィーガンの他にもペスカタリアンなど、細かく分類もされているのでヴィーガン、ペスカタリアンの違いを知りたい人は、こちらの記事を参考にして下さい。

ヴィーガンになる理由①ダイエット

ヴィーガンになる理由の一つとして、ダイエットを目的とした理由が挙げられます。ヴィーガンになる人の中には、健康的に痩せられるなら一石二鳥と考えている人も多く、実際にヴィーガン食は低脂肪で、低カロリーなものが多くヴィーガンダイエットの効果が期待できます。

ヴィーガンダイエットにも種類があり、野菜・フルーツ・豆類・穀物・ナッツ・種子をメインとしたヴィーガンフード全般をバランス良く食べる、ホールフードヴィーガンダイエット48℃以下の温度で熱処理をして食物の脂肪を落としてから食べる、ローフードヴィーガンダイエット、さらにはローフードヴィーガンダイエットからアボガドやナッツなどの高脂肪の食べ物を抜いた、低脂肪ローフードヴィーガンダイエットなどがあります。

 



 

いずれのヴィーガンダイエット方法も、食べるものに制限をかけるダイエット方法なので、やり過ぎには注意が必要です。食べる量、摂取する脂肪の量が変わるので、ダイエットに成功している話も多く見受けられます。

ヴィーガンの人でも痩せないパターンもあり、個人の体質、ストレスなども関係していきます。また、アメリカでよく聞く痩せないパターンは、ヴィーガンと言いつつお菓子やコーラなどの甘いジュースを飲んでいたり、食べる量が半端なく多かったりすることです。ダイエットは関係ないと言うことであればいいですが、ヴィーガンになっただけでは健康的に痩せられないこともあるので、自分の食事を見直し、自分の体にあった方法をおすすめします。

ヴィーガンになる理由②動物愛護の観点

ヴィーガンになる理由の一般的な理由には、動物愛護の観点があります。動物を傷つけたり、殺して食べるのは可哀想、動物を食べないことが自然、環境のためになるという考え方です。ヴィーガンは食べるものだけではなく、動物の毛皮を使った洋服、小物などは身に付けない一貫した思想、主義の表現方法でもあります。

ヴィーガンはあくまでも個人の趣味、志向によって選択しているものになるので、個人の自由になります。海外ではヴィーガンの人口増加にも伴い、レストランでもヴィーガンフードがメニューにあることが多く、オーガニックかつヴィーガンの人でも安心して使える動物実験していないコスメも増えています。

 



ヴィーガンになる理由③より健康になるため

ヨーロッパ・アメリカでは、ヴィーガンの研究は進められていて、ヴィーガン食をすると心臓病のリスクが軽減することがわかっています。また、高コレステロールになりにくいために、コレステロールが高いことにより起こる肥満、糖尿病などのリスクが下がることも発表されています。

アメリカでは、アメリカ栄養士協会(ADA)、アメリカ心臓協会(AHA)、全米コレステロール教育プログラム(NCEP)などの協会がヴィーガン食を推奨しています。(個人によります)ヴィーガン食は、バランス良く考えて摂取すれば健康食であり、日本の健康食の精進料理とも似ているとされています。

健康食ではありますが栄養素を考えない場合は、野菜には含まれないビタミンB14、タンパク質が不足してしまうので、大豆などの豆類、海苔を積極的に食べる必要があります。またヴィーガン食だけでは栄養素が補えない場合は、サプリメントを取り入れるとバランスが良くなります。

ヴィーガンになる理由④周りからの影響

上記に挙げた理由がほとんどですが、中には家族、恋人、有名人の影響でヴィーガンになる人もいます。もちろん健康を考えてヴィーガンになっているわけですが、自分は特にこだわっていなくても家庭で出てくるものがヴィーガン食だったり、恋人と食事をするのに自然に自分もヴィーガンになる場合もあります。

周りからの影響でヴィーガンになるのは良いですが、自分の選択にもなるので周りがヴィーガンの人が多く、ヴィーガンになろうか考えている人は、自分でもヴィーガンについて調べてバランス良く食事をすることをおすすめします。また、自分がヴィーガンでも強要するのは良くなく、特に子供やペットに対してはよく考える必要があります。

まとめ

今回は、ヴィーガンになる理由を紹介しましたが、いかがだったでしょうか?

ヴィーガンはベジタリアンの派生した言葉で、動物を搾取せずに生きていくべきという動物愛護の思想から始まっています。ヴィーガンになる理由は、宗教、ダイエット、健康志向、周りからの影響など、人それぞれです。また、ヴィーガンの人の中にも徹底している人、その時によって変わる人など、個人でも捉える範囲は変わってきます。ヴィーガン食は、低脂肪、低カロリーでコレステロールが低いことから、肥満、心臓病などの病気のリスクの軽減が期待できます。あくまでもヴィーガンは個人の自由で、思想、スピリチュアルな要素もあるので無理をしてヴィーガンになることは禁物です。肥満予防としてヴィーガンになるのであれば、自分の食生活、普段の生活までも見直して、栄養バランス・食事の量を考えてヴィーガン食を献立することをおすすめします。

 

スポンサーリンク

-ライフスタイル

© 2021 アメリカの車窓から