留学情報

アメリカの大学へ留学するメリットとは

アメリカの大学に行きたいけれども、ハードルが高そうと思っている人もいるのではないでしょうか。確かに日本の大学とはシステムも違い、お金もかかりますが、お金以上に学べることも多いです。そこで今回は、アメリカの大学に留学を考えているorアメリカの大学ってあまり知らないと言う人にメリットを紹介します。これを読んで、もっとアメリカの大学へ留学出来るイメージを深めてもらえたら良いと思います。

メリットも多いアメリカの大学留学について

アメリカの大学に入試はなく、英語の勉強のみに絞れる

アメリカの大学は日本の大学とは違い、一発勝負の入学試験のようなものはありません。試験の代わりに高校の時の成績・英語力(TOEFL、SAT)・エッセイ(具体的な志望動機や将来のビジョンなど)・推薦状・社会貢献度(ボランティア活動など)+αで判断されます。アメリカの大学進学を目指すのであれば、とにかく英語一本に絞れるのがメリットです。

成績だけではなく、潜在能力も判断してもらえる

アメリカの大学では、英語だけではなくその人の持っている能力も総合判断してもらえるメリットがあります。高校の成績、英語力が多少低くてもエッセイ、推薦状、社会貢献度なども加味されるので、相手の目に留まるようなものが書ければ、合格をもらえるチャンスはあります。尚、大学によってGPA(総合成績の平均値)のボーダーラインはある程度あるので、行きたい大学のサイトなどで確認することをおすすめします。

アメリカの大学は努力次第で早く卒業出来る

日本の大学だと飛び級の編入などは出来ても、卒業年度は大体決まっていることが多いです。アメリカの大学では、自分の努力次第で4年から3年と短い期間で卒業出来るメリットがあります。早く卒業出来る条件としては、卒業単位(必修科目はあり)を満たしているかどうかの一択です。なので完全なる自分の努力次第となります。そのためアメリカの優秀な学生は、早期卒業に向けて夏休み、冬休みなど長期休みは返上し、ひたすら勉学に励みます。大学を早く卒業することにより、同世代よりも社会に早く出られるので、人生設計・キャリアプランの幅も広がります。

学生主導の教育が受けられる

アメリカと日本の大学では、教育の仕方が違うところもあります。アメリカの大学の授業は、受け身ではなく学生一人一人が主導し、基本的には参加型の授業スタイルが多いです。参加型の授業を受けることにより、プレゼンテーションの仕方、科目の理解がより一層深まるなど自己成長するには大きいメリットです。またアメリカの大学には、世界から幅広い人種の人が集まって来るので、自分の価値観だけではなく人の価値観も聞くことが出来ます。グループワークも多いので、語学力のアップも期待出来、目指す方向や信頼出来る仲間にも会えるメリットがあります。

大学卒業後、アメリカでそのまま働くことも出来る

アメリカの大学を卒業するとOPT制度(有給インターン)が受けられます。OPTの期間は、12ヶ月なので卒業後現地で一年間の就業経験が出来ます。また卒業後でなくても大学在籍中でもインターンとして、合法的に働くことが出来ます。OPT制度は期間限定ですが、企業によっては、有給インターン終了後正式に社員として採用される場合もあります。採用されるとビザサポートが受けられるのでそのままアメリカで就職し、働くことも出来ます。アメリカで働きたいと考えている人は、アメリカの大学卒業後→OPT→就労ビザへ切り替えが一番早いです。

日本ではネイティブ英語が武器になる

アメリカの大学卒業後日本で就職する場合には、就職出来る幅が広がります。アメリカの大学を卒業出来たということは、英語はビジネスレベル以上に達しているので、日本にある外資系企業や翻訳など英語を使った業種へも就職出来る可能性が高くなります。またアメリカの大学は、課題が多く入学するより卒業が難しいので、そこを乗り越えたという事は自信にも繋がります。アメリカでの学生生活でのエピソードなどアピール出来ることが増えるので、他の人と差を付けることにより有利に働くことが多いです。日本の企業でもグローバルな人材を求めている会社は多いので、自分のイメージに合ったキャリアプランを立てることも出来ます。

アメリカの大学に留学するデメリットはあるのか?

アメリカの学費は高い

アメリカの大学でも学費は大学によって差があり、州立大学と私立大学によっても変わります。アメリカでも有名な難関校やアイビーリーグと呼ばれる名門私立大学の学費は高いです。学費は高いですが、様々な機関から奨学金制度が出ているので自分に合った奨学金制度を見つけられれば、高い学費を抑えることが出来ます。学費はデメリットとはいうものの、アメリカの大学に興味があるのであれば無理をしてでも行く価値は十分有りだと思います。

アメリカの大学へ留学するとキャリアプランが広がる

アメリカの大学へ留学すると英語力がアップするだけではなく、その後のキャリアプランの幅が広がります。アメリカで就職するプランも考えられ、日本で就職する場合にもグローバルな人材として就職出来るチャンスが広がります。またアメリカ留学により様々な人種との交流・価値観の違いを通して柔軟な思考能力、行動力、忍耐力なども身に付くので自己成長も期待出来ます。将来を考えて留学するのであれば、アメリカの大学はおすすめです。アメリカの大学に憧れているだけでは何も始まりません。これを機会に真剣に考えてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

-留学情報

© 2021 アメリカの車窓から