留学情報

ロサンゼルスで住みやすい、おすすめのエリア11選

ロサンゼルスと言っても広く、エリアによっては、公共機関が少なく生活に不便だったり、治安がよくなかったりします。今回は、ロサンゼルスで、日本人が住みやすく、割と治安の良い、おすすめのエリアを紹介します。ロサンゼルスに留学を考えている人、長期滞在したい人などの参考になれば、幸いです。

 

住みやすい基準とは?

ロサンゼルスで、住む場所を選ぶポイントとしては、治安があります。アメリカは、重大事件も多く、一般常識のように、危ない場所も多々あります。

今回紹介する11選は、ロサンゼルスに住んでいて、比較的住みやすいと聞く、おすすめのエリアです。どうしても治安が安定しているエリアは、家賃が上がっている傾向もあり、家賃が高い場所もあります。

もし、自分で、ロサンゼルスで住みやすいエリアを選ぶのであれば、街がキレイ(特に道や歩道)、コンビニが近くにある、街灯が付いている、バス停が近くにあるなど、日本で選ぶ時よりもさらに厳しい目で、チェックすることをおすすめします。

街の雰囲気は、一本道が違うだけで変わる場合もあるので、決めたエリアの周辺も、周ってみるといいでしょう。

また、ロサンゼルスにも日本人コミュニティがあるので、ロサンゼルスに住んでいる日本人(先輩)から直接、情報を得ることも重要です。筆者も5年住んでいますが、危険な目にあった話は、何度も、聞いたことがあります。一度危ないと聞いた場所は、なるべく行かないようにした方がよいです。

ロサンゼルスで住みやすいエリア【高級おしゃれ系①〜⑤】

①ビバリーヒルズエリア(平均レント代:2,648ドル)

ロサンゼルスでも超有名な場所、ビバリーヒルズ。高級住宅が並び、芸能人、セレブが多く住んでいることでも知られています。

ビバリーヒルズエリアの住みやすいポイントは、

・治安が良い。

・教育面、生活面でもインフラが整っている。

治安の面では、常に警察がパトロールしているので、街は比較的、安全です。観光地でもあるため、街を普通に歩くのは全く問題ないです。

生活面では、ロサンゼルスの中心部に位置している街なので、ハリウッド、ダウンタウン、ビーチなどにも、アクセスしやすく便利なエリアです。また、セレブ、芸能人などが多いせいか、新しい技術の反映は、早いです。例えば、ウーバー・wifiなど、最新のハイテクなエリアです。

金銭面を考えないでいいのであれば、生活面でも治安の面でも住みやすく、自由なアメリカンな生活が送れます。

②サンタモニカエリア(平均レント代:3,789ドル)

ビーチ好きにはたまらないエリア、サンタモニカ。

サンタモニカは、近場で何でもそろえることができ、徒歩や自転車での生活が、快適なエリアです。おしゃれなバー、ショッピングモール、美味しいレストランなど種類も豊富なので、飽きがこないです。

また、サンタモニカビーチにすぐに行け、街がキレイ、景色が美しいのも魅力です。

ただし、ロサンゼルスのビーチの中でも、特に人気のエリアなので、レント代は高いです。サンタモニカカレッジ、ビーチ付近は、毎日渋滞がすごいので、車を使うなら、ストレスがたまりそうです。

ビーチの近くに住みたいのであれば、マリーナデルレイ、ロングビーチ、レドンドビーチなどもおすすめです。

③カルバー・シティエリア(平均レント代:2,743ドル)

ファミリーでも住みやすいエリア、カルバーシティ。

カルバーシティはロサンゼルスの中でも、物価がどんどん上がっているエリアで、平均レント代は、前年比と比べ、10%上がっています。

フリーウェイが近く、車通勤でも便利で、生活圏内に庶民派のスーパーからトレージャージョーズのような、オーガニックなど、健康志向の少し高級なスーパーもあります。

他にも、教育面でもレベルが高く、中学校、高校など、学校施設やコミュニティーも充実しているので、将来的にも、長く住みやすいエリアです。

ロサンゼルスのカルバーシティといえば、観光地にもなっている、ソニー・ピクチャーズスタジオがあります。ツアーに参加すると、中まで見ることができます。

映画、映像が好きな方にもおすすめのエリアです。

④ダウンタウンエリア(平均レント代:2,525ドル)

ダウンタウンは、交通の利便(メトロ、バスの路線が充実)が良いです。治安は、安定して良いとは言えませんが、タワーマンション、高級住宅地の近くであれば、歩いても問題ないです。夜、出歩くことはおすすめしません。

リトル東京、コリアタウン両方とも近く、日本料理、韓国料理など、多国籍料理も楽しめます。

ロサンゼルスのダウンタウンは、開発途中のエリアでもあるので、今後新しいアパート、お店ができるので、生活水準もまた上がりそうです。

観光スポット
ロサンゼルスのダウンタウンおすすめの観光スポット11選

ロサンゼルスのダウンタウンは、高層ビルが立ち並び都会の街ですが、広範囲に渡っていて観光スポットが幅広くあります。ダウンタ ...

続きを見る

⑤シルバーレイクエリア

シルバーレイクは、若者が住みやすいエリアです。昔は、治安が悪かったエリアのようですが、現在は、やや高級エリアの、位置付けになっています。そのため、治安は良くなっていて、ナイトライフ、飲食店も充実してきています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

It’s gettin hot in here 🔥

Silverlake Ramenさん(@silverlakeramen)がシェアした投稿 -

最近では、ラーメン屋、居酒屋なども増えて来ていて、週末、夜遅い時間帯でも、にぎわっているエリアになってきています。

ロサンゼルスで住みやすいエリア【学生向け⑥〜⑧】

⑥ウエストウッドエリア

学生のまち、ウエストウッド。

アメリカの中でもハイレベルの大学、UCLA(University California Los Angeles)があるエリアです。ウエストウッドの坂を登って行くと、次第に見えてくるUCLA。広大で緑豊かなキャンパスが広がってきます。一般人でも入れるエリアがあり、グッズなどの購入もできます。

大学の他にも、留学生向けの語学学校などがあり、歩いている人は、学生が多いです。

学校が近いことから、学生に人気があります。また、ウエストウッド近くにある語学学校の寮も、このエリアにあることが多いです。学生が多いことから、日頃からセキュリティーがしっかりしていて、街もキレイなので、おしゃれなアメリカライフを過ごしたい人にも、おすすめのエリアです。

⑦ラブレアエリア

ラブレアエリアで人気なのが、パーク・ラブレア・タワーです。人気の秘密は、1BR3人まで、2BR5人までルームシェア可能なこと、立地がよい、サービスが充実しているからです。

パークラブレアタワーは、一つの街みたいになっていて、いくつものタワーマンションが、一つの広大な敷地内にあります。敷地内には、ジム、プール、 カフェ、ミニシネマなどもあり、一度は住んでみるのもいいでしょう。

⑧コリアタウンエリア

ロサンゼルスのコリアタウンは、世界最大のコリアタウンと知られています。このエリアには、多くの留学生、ファミリーなどが住んでいます。

コリアタウンの魅力は、レント代が安いアパートを探せ、ダウンタウン、ハリウッド、ビバリーヒルズなど主要エリアへのアクセスがよいことが挙げられます。

また、コリアタウン内には、本場の味の韓国料理が楽しめ、韓国料理以外にも多国籍料理も堪能できます。美味しくて、安いお店もたくさんあるので、お気に入りのレストランを見つけてみるのもいいでしょう。

ロサンゼルスで住みやすいエリア【エンタメ系志向⑨⑩】

⑨ハリウッドエリア(平均レント代:2,738ドル)

ハリウッドボウル、パラマウントピクチャーズなど、エンターテイメント産業の中心的な存在のハリウッド。

常に、観光地としてもにぎわい、流行に敏感なエリアです。ハリウッドにも語学学校、映像系の学校、音楽系の学校など、ハリウッドならではの最新の技術を学べるところもあるので、映像・音楽・ダンス留学できている人も多く住んでいます。

ただし、ハリウッドは常に混んでいて、車のパーキングが少なく、パーキングの確保・日常茶飯事の渋滞は覚悟した方がいいかもしれません。

⑩ノースハリウッドエリア

ノースハリウッドは、全体的に落ち着いていて、キレイなアパートが多い印象です。

アート地区としても知られていて、劇場、ギャラリー、スタジオなど、が多く混在しています。ダンススタジオも多くあるので、ダンス留学にきている学生にも、人気があるエリアです。アパートのレント代も比較的安く、同じものを志す者同士で、ルームシェアしても切磋琢磨できそうです。

最近では、日本食レストランの種類も増えてきていて、スーパーなども、徒歩圏内にあったりするので、住みやすいエリアです。

関連記事 アメリカでノマドワーカーが向かない理由とは?

ロサンゼルスで住みやすいエリア【日系人の街⑪】

⑪トーランスエリア

トーランスは、ロサンゼルスで7番目に、大きい規模の産業エリアです。

日系企業も多くあり、昔から日系人が、多く住むエリアでも知られています。観光地ではないですが、日本のもの、食材などが、大抵手に入り、日本食レストランも充実しているので、住みやすく、特に日本人は、生活しやすいエリアです。

まとめ

ロサンゼルスで住みやすいエリアを見つけるためには、実際に自分の目で見て、確認することをおすすめします。今回、紹介した11選のエリアは、日本人も多く住んでいる場所で、ロサンゼルスの中でも、治安がよく、徒歩圏内にスーパー、カフェなどがあり、生活しやすい場所です。

治安に関しては、比較的に良いという意味なので、アメリカではどこに住んでいようが、夜の出歩きはしないことなど、自己防衛はきちんとする必要があります。

 

スポンサーリンク

-留学情報

© 2021 アメリカの車窓から