旅行・観光

一度は行ってみたい、カタリナ島でのんびりリゾート気分

こんにちは、Marinです。

今回は、意外と知られていない、カタリナ島での遊び方、楽しむ方法、行き方などを紹介します。カタリナ島は、近場でリゾート気分を味わえ、本土とは、また違ったアメリカを、楽しめます。日帰りでも、楽しむことができるので、旅行、観光におすすめです。カタリナ島で、何をしたらいいのかわからない人にも、参考にしてもらえたら幸いです。

カタリナ島について

正式名称は、Santa Catalina island(サンタ・カタリナ島)、人口は約4,000人の小さい島です。南カリフォルニアからは、22マイル離れた所にあります。

カタリナ島には、唯一の都市アバロンがあります。現在、アバロンは、避暑地・リゾート地として毎年、多くの人が訪れます。

カタリナ島では、本土とは違ったルールがあり、道が狭く、移動には、ゴルフカートを使います。観光に行った際にも、レンタルできるので、カートを借りて島を周ってみるのも楽しいです。(普通の大きさの車は、走っていません)

カタリナ島の歴史

カタリナ島には、7000年以上、元々ネイティブアメリカンが、住んでいました。1542年、当時スペイン帝国が領有権を主張しています。

その後は、長年に渡り、様々な形、所有者の手に渡ります。

最終的に1919年、ウィリアム・リグレーが、所有権を持ちます。ウィリアム・リグレーは、大手アメリカチューインガム会社の創設者であり、カタリナ島の本格的な開発に、着手した人物でもあります。

当時、野球チームを持っていたリグレーの意向で、カタリナ島は、キャンプ地になっていた歴史もあります。その頃から、アバロンは、生活しやすく、保養地としても知られるようになりました。

島で有名なカジノボールルームも、その頃(1929年)建てられており、今までにチャリー・チャップリンやマリリン・モンローなど、映画界で著名な人たちも、バカンスで訪れたりしています。

ハリウッド映画の舞台としても知られ、カタリナ島でみることができるバイソンは、当時、映画撮影のために持ち込まれた、約15頭のバイソンが増え、今では(150頭以上)に至っています。

現在は、島の88%が、自然保護区に指定されていて、自然保護団体が管理をしています。

 

カタリナ島への行き方

カタリナ島に行くためには、3つの港から出ている、フェリーに乗る必要があります。

・サンペドロ

・ロングビーチ

・ディナポイント

いずれの港からも乗車時間は、約1時間なので、あっという間に到着します。

フェリーは、思ったよりも大きく、揺れは少なく、キレイな船内では、コーヒー、お酒など、ドリンクが販売されていて、快適な1時間を過ごせます。

フェリーのチケット売り場、カタリナ・エクスプレスの中にも、軽食を扱う売店、アメリカンなバー&レストランがあるので、早く着いたらそこで食べるか、軽食であれば、持ち込みも可能です。

フェリーのチケットの購入の仕方

カタリナ・エクスプレス(Catalina Express)HPから、チケットの予約をすることをおすすめします。

サイトに入り、使う港・日付・人数・時間などを選んでいき、支払いまで済ませると、メールにバーコード付きの予約票が送られてきます。予約は、それで完了です。

当日、カタリナ・エクスプレスのチケット窓口で、届いているメールを見せると、チケットとして発行されます。

多いときは、一日30便ほど運航されていて、時間も朝から夕方まで(約1時間置き)あるので、旅行の計画は立てやすいです。

フェリーの料金(片道)

ジェネラル:$37.25

コモドー:$52.25

席は、指定席ではなく、フェリーに入った順番に、好きな所に座れます。窓際は人気なので、窓際狙いであれば、少し早めに並んでおくといいと思います。

ジェネラルは、一番下の階の室内の席になります。コモドーは、2階3階部分にある、屋外の席になります。

フェリーとホテルのセット、フェリーとツアーのセットのチケットもあるので、そちらも合わせて見てみるといいと思います。セットの方が、お得になる場合があります。

カタリナ島を満喫する方法

・釣り

・マリンスポーツ(ツアー)

・山を探索(ツアー)

・まったり過ごす

カタリナ島は小さい島なので、やることがないよ…という話も聞きますが、避暑地、リゾート地なので、何かをしに行くというよりは、リゾート気分で日頃の疲れをリフレッシュするのに、ちょうどいい場所です。

日本でいう所の、軽井沢のようなイメージの場所です。

釣りのスポットとしても有名で、伊勢海老、マグロ、カサゴなどなど、新鮮で食べても美味しい高級魚も釣れます。釣り好きの人は、日帰りで行き、釣りだけをして帰ることもできます。釣りをするには、カリフォルニア州のライセンスが必要です。

おすすめの観光スポット

カタリナ島で有名な観光スポットは、カジノです。名前はカジノですが、いわゆるギャンブルの方のカジノではなく、人が集い、食事をしたりする場所です。現在では、中を見学できるツアーがあり、参加すると内部を見ることができます。

また、イベントをやっていることもあり、筆者が行った時は、フィルムフェスティバルが開催されていました。カジノは、キレイな建物で、海沿いにあり、景色がとても美しい場所の一つです。

自然を楽しめるおすすめのツアー

・Jeep Eco ツアー(一人$80程度)

ジープエコツアーは、ジープに乗って山の中を探索する、ガイド付き約2時間のツアーです。カタリナ島のほとんどは、自然保護区なので、ツアーに参加しないと山には入れなく、もっと自然と触れ合いたい人には、おすすめです。2時間のコースでは、バイソン、野鳥が見れたり、飛行場で休憩して戻ってくるのが定番のコースです。

また、カタリナ島で生まれ育った人がガイドの場合も多く、ジープに乗りながら、詳しく説明付きで案内してくれます。走る道は山道で、舗装はされていないので、ジェラシックパークを彷彿とさせられる、なかなか面白いツアーです。他にも、似たようなツアーで、バイソンなど、野生の動物をメインで、見に行くツアーもあります。

 

・Zip Line Eco ツアー(一人$124)

 

この投稿をInstagramで見る

 

When it's time to zipline, you GO! #catalinatours #adventure #vacation #staycation #southerncalifornia #discoverlosangeles #catalinadventure #ziplining 📷: @burt0h

Catalina Toursさん(@catalina_tours)がシェアした投稿 -

カタリナ島の峡谷を、ターザンのように下れる、約2時間のツアーです。最初に集合場所に集まり、専門のインストラクターの人に、安全器具の使い方、下り方などのレクチャーを受け、5本のジップラインを順番に下りて行きます。

高さは、600フィート、時速35マイルで下るジップラインは、迫力があり、カタリナ島でしか味わえないのでおすすめです。山の中で宙に浮く開放感、山と海の美しい絶景を体験してみては、いかがでしょうか。

 

・パラセーリングツアー

数あるマリンスポーツツアーの中でもおすすめなのが、パラセーリングです。所要時間は、約1時間で、600フィートの高さなら$65、800フィートなら$79でできます。

運が良ければ、パラセーリングフライトポイントに行くまでに、イルカが見られことでも知られていて、この料金でパラセーリング、イルカも見られるので、お得感もあり、人気のツアーです。

 

今回紹介した以外にも、多くのツアーがあります。カタリナ島現地にある、ツアー会社の窓口でも予約できるので、行ったその日に直接窓口で、ツアー予約するのもいいでしょう。

ただし、カタリナ島の多くのツアー系、レンタル系の窓口は、割と早めの午後4時〜5時に閉まることが多いので、先にツアー、レンタルの手配をしておくことを、おすすめします。

おすすめのカタリナ島のホテル

カタリナ島のホテルの平均は、$160〜$300以上(一部屋)とリゾート地価格になっています。アバロンの中心にあり、オーシャンビューの部屋は特に人気があり、値段は高めです。

その中でも比較的安く、歴史のあるホテルの一つに、Hotel St.Laurenがあります。セントローレンホテルは、一目でわかるピンクの外観、ホテルの前には、象徴的なピンクのカートが飾られています。

また、ホテルの近くに、スーパーがあるので、夜食の買い出し、日用品など、手軽に買えるので便利です。

自然豊かなカタリナ島

カタリナ島は、山と海に囲まれた、自然豊かな島です。自然を楽しむためのツアーが充実していて、全てを堪能するためには、一日では足りないかもしれません。街並みは、カラフルで可愛く、カタリナ島で有名なタイル屋、アクセサリー屋、洋服屋などが立ち並び、ショッピングも楽しめます。おしゃれなカフェ、レストランも多くあり、魚介系、肉系、ハンバーガー、イタリアンなど、食事も楽しめます。日帰りでもいけるので、カタリナ島の週末リゾートで、リフレッシュしてみては、いかがでしょうか?

スポンサーリンク

-旅行・観光

© 2021 アメリカの車窓から