美容・ファッション

オシャレなアメリカのヨガウェアでヨギーになれる、おすすめ13選

アメリカにはオシャレで機能性にも優れているヨガウェアブランドが多数あります。アメリカでは、気軽に始められ体の健康にも良い、ヨガを始める人が増えているのが現状です。そこで今回は、アメリカのヨギーの間でも評判が高く、おすすめのヨガウェアブランド13選を紹介していきます。ヨガだけではなく、アメリカでは定番のアスリージャーコーデにも使えるので、是非、この機会に参考にしてみて下さい。

 

アメリカでおすすめヨガウェア:日本でも購入できるブランド①〜⑦

①Lululemon・Athletica

ルルレモンは、カナダのバンクーバーを本拠地とするスポーツウェアをメインとしたアパレルの小売店です。世界に進出していて、世界での店舗数は約450店舗以上にのぼります。

オンライン販売も充実していて、ヨガ以外のスポーツウェアの商品も充実しているのでおすすめのブランドです。

ルルレモンのヨガウェアはシンプルな単色のものが多く、幅広い年齢層に人気があります。

②ALO YOGA

アロヨガは、アメリカカリフォルニアで2007年に創設された、ヨガウェアに特化しているブランドです。創始者はヨガを世界に広めたいと考えていて、ヨガから得られるインスピレーションを意識しています。

アメリカの有名人、Taylor・Swift、Hailey・Baldwinなども愛用し、私服に取り入れているブランドで、ヨガウェアとしてだけではなく、今やアメリカのストリートブランドとしても知名度を上げています。

アロヨガのヨガウェアは、デザインが凝っているものが多く、着ているだけでオシャレに見えるのでおすすめです。

③Zella

ゼラは、Nordstrom(ノードストローム)が手掛けているアメリカのヨガウェアブランドです。ノードストロームとは、アメリカで有名な百貨店でアパレルを中心に扱っていて、ショッピングモールと隣接していることが多いデパートです。

ゼラの特徴は、リーズナブルな価格でオンラインショップを見てみると、セールをよくやっているのでかなりお得な商品もあります。

④Beyond Yoga

ビヨンドヨガは、アメリカロサンゼルスのブランドで、ヨガウェアの他にもマタニティ用のレギンスや男性用のスポーツウェアも扱っているので幅広い層から人気があります。ヨガウェアだけではなく、ヨガスタジオも運営してていて、アメリカロサンゼルスでは人気があります。

レギンス、トップスは素材にこだわり、肌触りが柔らかくモコモコしているものもありオシャレでかわいく部屋着としてもおすすめです。

ベストセーラーはレギンスで、ハイウエスト、ミディーウエストまた、丈の長さなど、種類が豊富で用途に合わせて選ぶことが出来ます。柄物は少なく、単色のシンプルなデザインが多いです。

その分、質感にこだわっているので、着心地がいいのも魅力です。

⑤Manduka

アメリカカリフォルニア創設のブランドのマンドゥカは、ヨガウェア、ヨガで使う小道具などを扱っていて、特にヨガマットは定評があり、使いやすいだけではなく、カラーバリエーションが豊富なのも魅力です。

ヨガマットにはPROシリーズ、eKOシリーズ、GRPシリーズ、Foundationシリーズの4シリーズあり、それぞれ自分のヨガのレベル、使う環境に合わせてしっかり選ベるのでおすすめです。耐久性も高く長く使え、タイダイ、グラデーションなどの柄物のヨガマットもあるので、人とは違ったヨガマットを見つけてみてはいかがでしょうか?

⑥Aumnie

カナダ創設のヨガウェアブランドのアムニー。アムニーのデザインは、見た目がシャープでアメリカでも人気があります。

機能性にもこだわり、耐久性があり伸縮性もあるので、着心地が良くヨガを楽しむことが出来ます。特にトップスのバックストラップはデザイン性があり、オシャレでボディラインが綺麗に見えます。

ヨガマットのバリエーションもあり、パステルカラーなどの優しいカラーもあるのでおすすめです。

⑥Jade Yoga

Jade Yogaは、アメリカのヨガマットのブランドです。残念ながらヨガウェアの扱いはないですが、ヨガマットの中では人気があり、ヨギーの間でも使いやすいと評判のマットなのでおすすめです。
ヨガマットの素材は、再資源可能な天然ゴムを使用し、弾力性、クッション性が高く、また汗でマットが濡れてしまっても他のヨガマットと比べると滑りにくく、グリップ力が強いのも特徴です。

アメリカでおすすめのヨガウェア:個性あふれるブランド⑧〜⑫

⑧Joah Brown(ジョア・ブラウン)

 

この投稿をInstagramで見る

 

JOAH BROWN(@joahbrown)がシェアした投稿 -

ジョア・ブラウンは、アメリカロサンゼルスのヨガウェアブランドで、ヨガ、ジムなどのワークアウトする時にも使用している人が多い、人気のあるブランドです。

ヨガウェアだけではなく、ストリートファッションとしても使え、女性のボディラインが綺麗に見えるように設計されているので、丈の長さなど、お好みのファッションと組み合わせることも出来ます。

オシャレで可愛いアスリージャーコーデもできるので、どこにでも行けるような私服とスポーティーなコーデを楽しめます。

⑨Joy Lab

 

この投稿をInstagramで見る

 

Target Trendsetter(@targettrendsetter)がシェアした投稿 -

JoyLabは、アメリカのスーパーマーケット、ターゲットのオリジナルヨガウェアブランドです。主にターゲットで販売していて、トップス、レギンスが$20〜購入できるので、価格的にもおすすめです。

デザインはシンプルなものから柄物の明るいものもあり、まとめて購入やヨガ体験に行く時など、気軽にヨガウェアを試すことが出来ます。

⑩Sweaty Betty

 

この投稿をInstagramで見る

 

Sweaty Betty(@sweatybetty)がシェアした投稿 -

Sweaty Bettyは、1998年にイギリスロンドンで創設されたスポーツウェア、ヨガウェアのブランドです。ロンドンのブランドなので、アメリカのブランドとはまた違ったデザインで、カラーバリエーションが豊富なのも人気の理由です。

女性らしいフェミニンな柄のレギンスも多く、上下セットで着るとさらにオシャレでヨガへのモチベーションも上がります。

イギリスには約50店舗あり、アメリカでは数店舗、また百貨店でも取り扱いがされています。カラフルなレギンスは目を惹きかなり可愛いのでおすすめです。

⑪GirlFriend Collective

 

この投稿をInstagramで見る

 

Girlfriend Collective(@girlfriend)がシェアした投稿 -

GirlFriend Collectiveは、ヨガウェアを中心に扱っているアメリカのブランドです。透明性にこだわっていて、ヨガウェアの生地の素材の原材料を始めとし、パートナーや施設なども安心、安全なものを使用しています。

また、環境にも優しいブランドで、包装がリサイクルできる素材であったりとアメリカのヨガウェアブランドの中でもエコの面でも徹底しています。

ヨガウェアは、単色カラーのシンプルなものが人気で、上下で着用するのであれば、ビビッドカラーやパステルカラーがおすすめです。

サイズも幅広くあり、マタニティ用のレギンスなどもあるので、自分の体型に合わせて選べるのも嬉しいです。かなり大きいサイズまであるので、アメリカでは定評があるブランドです。

⑫Alala(アラーラ)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Alala(@alala)がシェアした投稿 -

Alalaは、2014年にアメリカニューヨークで創立された、女性向けのスポーツウェアブランドです。中でもネオンカラーのものやバイカラーのデザイン性が高いものが人気で、ヨガウェア以外でもアスリージャーコーデとしてもおすすめです。

単色カラーは少なく、シンプルなカラーでもシースルーになっていたりと、スポーティーな中にもフェミニンさを感じることができるヨガウェアで、他の人との差をつけられます。

アメリカでも試せる台湾発のヨガウェアブランド⑬

Easy Yoga

Easy Yogaは、台湾発のヨガウェアブランドで、日本人でもサイズがちょうどフィットするのでおすすめです。耐久性、デザイン性、使い心地が良いと評判の高いブランドです。

ヨガウェア以外にもヨガマットの取り扱いもしているので、ヨガマットも合わせて購入することが出来ます。Easy Yogaのヨガウェアは、日本でもオンラインで購入でき、体のラインをキレイに見せることが最大の魅力です。

愛用者も多く、アジアのブランドの中でも人気があり、Easy Yogaのヨガウェアが一番着やすく、洗濯しても形が崩れないと口コミの評価も高いのでおすすめです。

Easy Yogaのヨガウェアは、こちらの公式オンラインで購入できます。

Easy Yoga公式オンラインショップ

 

まとめ

今回は、オシャレなアメリカのヨガウェアブランドを紹介しましたが、いかがだったでしょうか?

アメリカでは、年々ヨガ人口が増えていて気軽に始められるのが魅力です。ヨガウェアのデザイン、機能性は、ブランドによって違うので、自分の好みに合わせて選ぶことをおすすめします。ヨガ目的でなくても、アスリージャーコーデとしても使え、アメリカの流行りのスタイルが楽しめるのでこの機会に試してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

-美容・ファッション

© 2021 アメリカの車窓から