ライフスタイル

【アメリカ生活】コインランドリーが当たり前、洗濯事情

アメリカでは一部屋ごとに洗濯機があることは少なく、多くの人が洗濯をするのに、コインランドリーを使用しています。日本では部屋に洗濯機があることが当たり前だったので、毎回コインランドリーを使用するのは新鮮です。そこで今回は、アメリカのコインランドリーの雰囲気や使い心地などについて、紹介していきます。アメリカのコインランドリーは暗いイメージでしたが、実際は明るくて驚きました。アメリカに来たばかりの時は、毎回重い洗濯物をコインランドリーに持って行くのは面倒だなと思っていたのですが、意外と慣れれば平気なものです。自分のものではないので、メンテナンスがかからないのもいいですよね。

アメリカでよく見るコインランドリー

アメリカでは、コインランドリーをよく見かけます。私も何度も行った経験があり、アメリカに住んでいるとわかることですが、アメリカのほとんどのアパートの部屋には、洗濯機が付いていません。

付いていないとは、洗濯機を置く場所や排水口などの設置場所がないので、もとから洗濯機を置く構造の部屋にはなっていないのです。

家賃の高いタワーマンションの部屋なら、付いている可能性が高く、付いている場合、アメリカでは洗濯物を外に干す習慣はないため、洗濯機と乾燥機はセットになっていることがほとんどです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Liz Jones(@the_northern_delights)がシェアした投稿 -

部屋に洗濯機がなくても、共有で使用する洗濯機が付いている場合が多く、また、家の近くには必ずコインランドリーがあるので不便さはあまりないです。

アメリカのコインランドリーでは、洗濯機の大きさの種類が3種類くらいあり、一番大きいものを使えば、毛布や掛け布団なども一気に洗うことができます。金額は洗濯機の大きさにもよりますが、$2〜$5を25セントコインで払います。

コインランドリーの場所にもよりますが、ドラム式洗濯機が多いのかなと思います。ドラム式の方が、衣類が多く入り、大きい毛布なども一回で洗うことが出来ます。

アメリカでは、朝シャワーを浴びる習慣なので、ベッドシーツはこまめに洗います。家族分ともなると、家庭用の洗濯機では一気には洗えないので、定期的にコインランドリーに行くのは普通のことです。

コインランドリーでは、洗剤も販売している

ほとんどのコインランドリーでは、洗剤・柔軟剤・乾燥機に入れるいい香りシートが自販機で販売されています。小さいボトルであったり、洗剤は箱に入った粉末状のものが多いです。

洗濯用洗剤でも種類が多くあり、特にいい香りのタイドとゲインは、おすすめです。

 

アメリカのコインランドリーの雰囲気は?

・明るい印象

アメリカのコインランドリーの第一印象は、明るい感じでした。

筆者が、学生時代に東京都内で一人暮らししている時に行っていたコインランドリーは、洗濯機が6台くらいで、狭い部屋の中にあるような…とにかく狭くて、薄暗かった記憶があります。が、メリカのコインランドリーは広くて、防犯対策のためにも明るいです。

防犯対策の面でいうと、もちろんカメラの設置はあります。掃除スタッフや常時いるスタッフがいるコインランドリーも多く、しっかり防犯対策をしている感じはします。

コインランドリーのある場所、見た目、周りの雰囲気で見分けることもある程度はできるので、少しでも不安があれば、他の場所のコインランドリーにすることをおすすめします。

思っているよりも明るい印象ですが、コインランドリーを使う時間などは考慮し、あまり夜遅くに一人で行かないなど自己防衛は必要です。

・人も意外と多い

住んでいる地域、時間帯などにもよりますが、特に昼間の時間帯は、ファミリーで来ている人もいるので結構混んでるなっという印象を受けます。

コインランドリーの綺麗さ、サービスの度合いによって人の多さが変わってきます。そうは言っても、ほとんどのコインランドリーは割と綺麗な気がします。

サービスとは、洗剤の種類の多さであったり、ドリンクの自販機が置いてあったりします。コインランドリーによっては、待機スペースがあり、ちょっとしたカフェみたいな感じになっているところもあります。

アメリカで乾燥機は、必須!?

アメリカで乾燥機は、必須です。

理由は、アメリカでは、洗濯物を外に干す習慣はなく、法律でも禁じられています。

外に服を干して置くと、盗まれることもあるからだと思います。家の作りも平屋住宅が多く、道に面していることも多いので、外に干すリスクの方が高そうです。

そうなると、全ての洗濯物を部屋の中では干せないので、乾燥機を使わざるを得ない感じです。もちろん、服によっては乾燥機をかけないですが、思いがけずかけてしまうと、服の傷み方は半端ないので気をつけましょう。

乾燥機の大きさは2〜3種類ほどあり、大きいサイズの乾燥機になると、かなり多くの量の洗濯物が入るのでファミリー向けかなと思います。

コインランドリーを利用するときの注意点

・夜一人では、利用しないようにする。

・コインランドリーの周りの環境を確認する。

・防犯対策がしてあるか。

・大事な服は洗わない。

場所によっては、コインランドリーが一種のたまり場のようになっていることがあるので、注意が必要です。コインランドリーに限らず、基本的には、夜は一人で出歩かない、常に自分の周りを警戒しておくことは、アメリカでは重要です。

見た目のポップさ、キレイさ、ライトの明るさなど、見た目に清潔感があれば、ある程度安心できそうです。

デリケート素材の服やお気に入りの服を、コインランドリーで洗うことはおすすめしません。かなり大きいサイズの洗濯機でガチャガチャと洗ってしまうと、衣類の痛みの原因にもなります。

特に乾燥機には注意しましょう。セーターであれば縮んでしまったり、パーカーでも温度が高すぎると、ファスナーの部分が歪んでしまったりします。

慣れればコインランドリーで十分

初めは、毎回洗濯をするためにコインランドリーに行くというのは、なんか違和感がありましたが、今では、洗濯は1週間に1回、アパートに付いているコインランドリーで十分です。アパートに付いているコインランドリーの場合ご近所さんとの交流も出来るので、お互いどんな人が住んでいるのかというのを、わかるのにも良い機会です。また、コインランドリーであれば、メンテナンスをする必要はなく一回で一週間分は余裕で洗えるので効率も良いです。

スポンサーリンク

-ライフスタイル

© 2021 アメリカの車窓から