英語学習

留学前に英語の事前学習はしなくても何とかなる!?

こんにちは、Marinです。

留学を考えている人の中には、英語の事前学習をしたいけれども時間がなくて、あまり出来ないという人もいるのではないでしょうか?留学前は色々と準備することは多くあり、また仕事をしながら留学を考えているのであれば、無理に英語の事前学習を組み込むとストレスにもなります。そこで今回は、英語の事前学習はしなくても留学先では何とかなる点についてお話しします。この記事は、英語の事前学習する時間が取れない人にも参考にしてもらえれば嬉しいです。

英語の事前学習を無理に事前学習する必要はない

一言で留学と言っても語学学校に行くのか、大学に行くのか、コミュニティーカレッジ(短期大学)に行くのかによっても変わります。ここでは語学学校に行くという前提で考えます。語学学校に行くのであれば、英語の事前学習は特にしなくても大丈夫です。語学学校に入るとまず最初にクラス分けのテストがあります。クラス分けのテストでは、筆記とスピーキング力の両方で決められます。例えこのテストが全然出来なくても恥じることはなく、自分に合ったレベルのクラスに入ることが出来、周りも自分と同じくらいのレベルなのでプレッシャーを感じることなく英語の勉強が出来ます。語学学校では定期的にテストがあり、テストの結果や担任の先生の判断によって上のクラスに行けるかどうかが決まります。なので英語初心者でも現地での頑張りによって、上のクラスに行くことが出来ます。

忙しい中で短期間、英語の事前学習をしたとしても、飛躍的に特にスピーキングが伸びる可能性は低く、語学学校のクラス分けで考えたとしても大きく変わる可能性は低いです。

留学先の国についての事前学習はした方がいい

時間がなければ、英語の事前学習は特にしなくても大丈夫ですが、留学先に関しては予め知っておいた方がいいでしょう。留学先がアメリカであれば、アメリカの文化・国の成り立ち・考え方の違いなど生活するに当たっての情報収集はしておいた方が後に留学先にとけ込みやすく、苦労することも受け入れやすくなります。また自分の住むエリアがわかっているのであれば、治安なども頭に入れておき、イメージしておくことが大事です。

もし英語の事前学習をするのであれば

英語の事前学習は必要ないとは言えども、英語に極端に不安を持っていたり留学まで時間がある人は英語の事前学習をするのもいいでしょう。ただし、日本で受験勉強のように英語を勉強したとしても、実際には忘れてしまったり、日本で学ぶ英語とアメリカで学ぶ英語は少し違うので現地ですぐに使える英語を事前学習することをおすすめします。

学校・普段の会話でよく使いそうな英語のフレーズを覚える

例えば、自己紹介・スタバでコーヒーを買う・学校でわからない所を質問するなど現地に行った時にすぐに使いそうなシチュエーションをイメージします。自己紹介などは王道なのですぐに考えられると思いますが、実際に留学を始めると困るのは生活で必要な英語です。お店の場合、英語が話せなくてもメニューを指して注文することも出来ますが、何かを注文するときは、"Can I have〜.""Can I get〜.”で十分なのでそのワンフレーズを使えるか使えないか(知っている知っていないか)だけでも違いは出てきます。

英語に触れる機会を増やす

覚えることが苦手な人やスピーキングよりもまずはリスニングを強化したいという人は、意識的に英語に触れることをおすすめします。例えば、洋画や海外ドラマを字幕を見ずに耳で一回聞いてみたり、洋楽を聞いて歌詞を理解してみる方法があります。洋画や海外ドラマにトライするのであれば、最初にストーリーなどを頭に入れて、その場面では何を言おうとしているのか想像し英語に集中することをおすすめします。特に海外ドラマでは、セリフが少なかったりするドラマもあるので継続的に聞くことによってだんだんと耳が慣れて聞き取れるようになります。注意点としては、洋画・海外ドラマでは、スラングなどもあるのでよくわからないのであれば、そのフレーズで検索し本来の言い回しも含めて学習するといいでしょう。スラングには略語も含まれ、主に口語に使われます。

単語・ボキャブラリーを増やす

日常的に英語を使っていない場合、学生の頃に覚えた英単語を忘れてしまっている人も多いのではないでしょうか?英語の事前学習の中でも王道なのが、単語を覚えることですが、ただ覚えるだけではなく現実で使える単語を覚えた方が役に立ちます。例えば、参考書でレベルの高い単語を覚えたとしても、その単語を使うようなシチュエーションにならなければ使えず、ベースが出来ていなければ単語の使い方がわからず使うことは出来ません。

難しい単語を覚えるよりは、中学・高校の時に習ったようなよく使う単語の使い方や発音を覚え、ボキャブラリーを増やす方が実践で使えます。単語やイディオムは、発音にも注意しながら覚えるといいでしょう。日本語にはない発音もあり、習得するにはネイティブ英語を聞いて真似して練習する必要があります。

英語の事前学習が必要な場合

大学やコミュニティカレッジに留学する場合には、英語の事前学習は必須です。そもそも海外の大学に行く場合には、入学条件の一つに語学力も入っているのである程度英語が出来ることは前提になります。語学学校では、自分のレベルに合ったクラスなので英語が聞き取れなくても、先生が分かるように説明したりもしてくれます。しかし、大学では一般の学生もいるのでネイティブのスピード、授業の内容によっては専門性のある単語もたくさん出てきます。日本人の場合、リーディングやライティングなどの筆記は割と得意な人も多いので、事前学習するのであればスピーキング・リスニングに重点をおくといいかもしれません。

語学学校に行くのであれば、英語の事前学習はしなくても何とかなる

無理をして英語の事前学習をしてもほとんど忘れてしまったり、実際に現地では使えないことはよくあります。無理をするよりは、英語の勉強は留学行ってからと割り切り、日本を離れる前に日本でやりたいこと・日本でしか出来ないことをやるのもありだと思います。ただし最低限、留学する国の文化やマナーは学んでおく必要があります。語学学校に行くのであれば英語の事前学習は必要ないですが、もし大学に行く場合にはしっかりと英語の学習をすることをおすすめします。

スポンサーリンク

-英語学習

© 2021 アメリカの車窓から